今週末(11月27・28日)の紅葉見頃はここ!東日本・西日本の見頃紅葉名所ガイド

全国

【北陸】今週末(11月27・28日)見頃になりそうな名所

【北陸】大原山・西福寺 / 北陸きっての名刹の庭園で美しき紅葉を観賞

色付き状況:今見頃(※2021年11月25日現在)

名勝に指定された庭園で日光を浴びた紅葉が赤く輝く
名勝に指定された庭園で日光を浴びた紅葉が赤く輝く画像提供:大原山・西福寺

14世紀に活躍した名僧・良如上人が建立した浄土宗きっての名刹(めいさつ)。福井城主・結城秀康公の寄進で書院が建てられた徳川家ゆかりの地でもあり、1400坪にもおよぶ書院庭園は極楽浄土を地上に表現したともいわれ、国の名勝に指定されている。特に朝日に映える新緑・紅葉はまるで別世界のよう。応仁の乱を避けて都から移設された文化財も多く、重要文化財も多数存在しているのが特徴。四季折々でさまざまな表情を見せてくれる庭園は、11月中旬頃が一番の見頃。紅葉に覆われ美しさも際立つ。


【東海】今週末(11月27・28日)見頃になりそうな名所

【東海】修善寺自然公園 もみじ林 / 密集した紅葉の木々が頭上を彩る

色付き状況:今見頃(※2021年11月25日現在)

赤や黄色に染まったモミジがたくさん
赤や黄色に染まったモミジがたくさん画像提供:伊豆市観光協会 修善寺支部

約80ヘクタールの敷地に、約1000本の紅葉群生林がある修善寺自然公園。モミジは1924(大正13)年町制施行記念として植樹され、「もみじ林」という名前で親しまれている。イロハカエデ、トウカエデ、オオモミジなどが代表種で、遊歩道を歩きながら紅葉を間近に感じられる。見頃の11月中旬から12月上旬にかけて、赤から黄色まで絶妙に色合いを変えながら頭上を彩る紅葉も見応えたっぷり。


【東海】赤目四十八滝 / 赤目五瀑をはじめ大小さまざまな滝が点在

色付き状況:今見頃(※2021年11月25日現在)

滝に紅葉が加わり、一層豊かな景観が楽しめる
滝に紅葉が加わり、一層豊かな景観が楽しめる画像提供:赤目四十八滝渓谷保勝会

約4キロの赤目四十八滝渓谷は、室生火山群が多年に渡る風化浸食作用により現出した柱状節理の断崖絶壁に挟まれ、赤目五瀑と呼ばれる不動滝、千手滝、布曳滝、荷担滝、琵琶滝をはじめ、大小さまざまな滝が点在する。秋の紅葉ではイロハモミジ、カエデ、ヤマザクラなどを楽しむことができ、長坂山へのトレッキングコースからは、渓谷と赤く染まった山並みを一望できる。


【東海】くらがり渓谷 / 渓谷一帯を赤や黄に染める自然美を堪能

色付き状況:色付き始め(※2021年11月25日現在)

渓流沿いに橋を望む紅葉
渓流沿いに橋を望む紅葉画像提供:岡崎市役所

本宮山県立自然公園の南西部の、標高250メートルから600メートルの間に位置する景勝地。手つかずの自然が残る渓流で、秋は赤黄に染まる紅葉が渓谷を彩る。2021年11月13日~12月5日(日)の期間、くらがり渓谷紅葉まつりを開催している。


この記事で紹介された紅葉スポット

情報は2021年11月26日 13:08時点のものです。おでかけの際はご注意ください。
TwitterでシェアFacebookでシェア

おすすめ情報

閲覧履歴

  • 最近見た紅葉スポットページはありません。