京都府の紅葉情報

京都府の紅葉おすすめエリア
条件を選択
京都府の紅葉スポット56件ヒットしました
全 56 件中  1 〜 10 件

【京都・人気寺社10選】魅力徹底ガイド

シーズン中の人気寺社は多くの人で混雑する事間違いなし!
秋ならではの絶景をストレスなく楽しめるように、紅葉の見ごろ時期と各寺社のライトアップのスケジュールをご紹介。

>>京都の人気紅葉名所ランキングはこちら

清水寺(京都市東山区)

紅葉や勇壮な伽藍が青空に映える昼間も見応えたっぷり。徐々に太陽が沈んでいく夕暮れ時の景色も感動的なので、ライトアップ時と見比べてみるのも楽しい

1994(平成6)年にはユネスコの世界文化遺産にも登録され、日本のみならず世界中から拝観者が訪れる名刹。約13万平方メートルもの広大な寺域には、多くの国宝や重要文化財が点在する。

秋には清水の舞台や三重塔、放生池などの周囲に広がる約1000本のヤマモミジが紅葉。11月下旬から12月上旬に見ごろを迎える。>>見ごろ&混雑状況を詳しく見る

高台寺(京都市東山区)

中門東側から臥龍池を見ると、ライトアップされた紅葉や臥龍廊が池に映り込む、幻想的な光景が広がる

天下統一を成しとげた豊臣秀吉の正室・北政所(ねね)が、1606(慶長11)年に秀吉の菩提を弔うため創建した高台寺。

紅葉の見ごろは11月中旬~12月上旬。カエデなど約1000本が鮮やかに色付く。庭園が秋色に染まる昼間の景色も見事だが、夜のライトアップも合わせて楽しみたいところ。今年は10月19日(金)から12月9日(日)まで、ライトアップを実施予定(17時~22時、最終受付21時30分、拝観料600円)だ。>>見ごろ&混雑状況を詳しく見る

永観堂(京都市左京区)

ライトアップによって浮かび上がる多宝塔と紅葉は、幻想的な雰囲気!夜間に多宝塔は拝観できないので、遠くから眺めよう

近年では紅葉名所としても知られ、「モミジの永観堂」と称されるほど。イロハモミジ、オオモミジなど約3000本の木々が、境内一帯を深紅に染め上げる。

11月3日(祝)~12月2日(日)にはライトアップを実施(17時30分~21時、最終受付20時30分、拝観料600円)。紅葉が闇夜に浮かび上がる、幻想的な光景を堪能できる。>>見ごろ&混雑状況を詳しく見る

南禅寺天授庵(京都市左京区)

南北朝時代の特色を残す書院南庭が最大の見どころ。池周辺に茂る杉や、紅葉の背景には竹林も

本堂はこけら葺き屋根の建物で、枯山水の本堂東庭と、池泉回遊式の書院南庭、2つの庭園がある。秋になるとこれらの庭園をカエデなどが鮮やかに彩り、絵画のような光景が広がる。

11月10日(土)頃から中旬にかけて紅葉が見ごろを迎え、11月15日(木)から30日(金)までの期間は、ライトアップも実施(17時30分~20時45分、料金600円)。昼間は入ることのできない書院から見る庭園は、格別の美しさだ。>>見ごろ&混雑状況を詳しく見る

醍醐寺(京都市伏見区)

朱塗りのお堂が水面とよく合う弁天堂も紅葉の名所

世界文化遺産にも登録されている山岳寺院の醍醐寺。境内には京都府下で最も古い木造建築物である五重塔をはじめ、国宝や重要文化財など貴重な建物も多い。

紅葉の見ごろは11月中旬~12月上旬。11月16日(金)から12月2日(日)までの期間は、ライトアップも実施される(18:00~20:50、最終受付20:10/料金1000円)。ライトアップされた林泉の紅葉は必見!>>見ごろ&混雑状況を詳しく見る

将軍塚青龍殿(京都市山科区)

古都の夜景を背景に紅葉が広がる絶景スポット!

京都市街を一望できる東山山頂に立つ青龍殿。展望スポットとしても人気だが、境内には約100本のカエデがあり、秋になると絶好の紅葉スポットに。

見ごろを迎える11月上旬~12月上旬には、鮮やかに色づく木々が境内を染め上げる。外部護摩壇と呼ばれる舞台からは、京都の町並みから大阪のビル群までが見渡せ、西側の展望台からは夜景と紅葉の織り成す絶景も。>>見ごろ&混雑状況を詳しく見る

天龍寺塔頭 宝厳院(京都市右京区)

嵐電嵐山駅から徒歩5分という好立地。広大な獅子吼の庭を回るには、通常でも30分ほどかかる。混雑時期に歩くとなると、それ以上かかるのでトイレは済ませておこう

嵐山屈指の紅葉スポットとして知られ、春の青もみじ、秋の紅葉と年に2回、特別に一般公開されている。

紅葉の見ごろは11月下旬~12月上旬。11月9日(金)~12月2日(日)にはライトアップを実施(17:30~20:30、最終受付20:15/料金600円)。イロハモミジなど約300本が名庭をあでやかに彩る。>>見ごろ&混雑状況を詳しく見る

北野天満宮(京都市上京区)

国宝の御社殿周辺で鑑賞する、昼の紅葉も見事。もみじ苑のライトアップと合わせて堪能したい

菅原道真公を祀り、学問の神様として信仰を集める北野天満宮。全国の天満宮の総本社にして、天神信仰発祥の神社だ。秋になると約350本のカエデが境内を彩り、秋の絶景も楽しめる。

紅葉の見ごろは11月中旬~12月上旬。11月10日(土)~12月2日(日)には、史跡「御土居」の公開に合わせ「もみじ苑」のライトアップも行われる。>>見ごろ&混雑状況を詳しく見る

貴船神社(京都市左京区)

本宮に続く参道石段のライトアップは必見!二の鳥居から本宮境内まで続く87段の石段と、それに沿って立ち並ぶ春日灯籠は、貴船神社を代表する風景

創建年代不詳ながら、伝説では約1600年前の創建と伝えられている古社・貴船神社。水の供給をつかさどる神・高龗神(たかおかみのかみを)祀り、古くから「氣生根」とも表記し、氣力の生ずる根源の地としても信仰を集めてきた。

紅葉スポットとしても人気が高く、秋にはカエデなど約3000本が色彩豊かに色づく。11月上旬~下旬が見ごろだ。>>見ごろ&混雑状況を詳しく見る

知恩院(京都市東山区)

池に映る紅葉と像の景色が見事!

宗祖・法然上人が1175(承安5)年、吉水の地に草庵を結んだことを起源とし、法然上人の教えを伝えるお念仏のふるさと、知恩院。

宮崎友禅ゆかりの庭園・友禅苑の美しい紅葉が光に包まれるほか、ライトアップ期間中には、2年ぶりに回廊に上がれる三門など、堂々たる伽藍の各所で紅葉が楽しめる。>>見ごろ&混雑状況を詳しく見る

紅葉&絶品ごはん!秋の京都観光

紅葉情報はもちろん、ほっこり湯豆腐、京ランチ、絶品ラーメンなどグルメも満載。秋の京都おでかけ情報なら、まとめてこちらをチェック!
>>詳しくはこちら

表記に関する説明

表記に関する説明