京都・嵐山を紅葉散策!人気絶景スポットや道中のおすすめグルメまで

京都府

京都観光の定番・嵐山。色彩豊かな嵐山はもちろん、周辺には天龍寺などの紅葉名所が多数あり、駅からのアクセスも良好。コンパクトに紅葉狩りを楽しめる、紅葉シーズンでも外せないエリアだ。今回は嵐山での紅葉巡りの鉄板スポットと、道中で味わうべきおすすめグルメを一挙紹介!
※取材時点の情報です。写真は2022年以前のものです。

嵐山 / 深紅に染まる木々を背景に秋の嵐山を満喫

鮮やかな紅葉をバックに渡月橋が佇むさまが美しい / 嵐山
鮮やかな紅葉をバックに渡月橋が佇むさまが美しい / 嵐山画像提供:京都市メディア支援センター

例年の見頃時期:11月下旬~12月上旬

赤や黄の錦に染まった嵐山を背景に、曲線の美しい渡月橋がかかる風景はあまりに有名。トロッコ列車から見られる美しい紅葉や、名刹の天龍寺をはじめ、紅葉に包まれる名所が多く、1日楽しめるのも魅力だ。例年、11月下旬から12月上旬頃にかけてが、紅葉の見頃の時期となる。2023年11月12日(日)には「嵐山もみじ祭り」が開催。渡月橋付近から今様船、平安管弦船等様々な趣向を凝らした優雅な船が大堰川ほとりで、嵐山の地にゆかりのある芸能を繰り広げる。


天龍寺 / 世界遺産である天龍寺曹源池庭園の紅葉

嵐山・亀山・小倉山を借景とした曹源池庭園の様子 / 天龍寺
嵐山・亀山・小倉山を借景とした曹源池庭園の様子 / 天龍寺画像提供:天龍寺

例年の見頃時期:11月中旬~12月上旬

約700年前からそのままの姿をとどめている由緒ある寺院。京都の西端に位置することで、朝日が一番最初に当たり、早朝が最も美しく、混雑も少ないためおすすめ。嵐山・亀山・小倉山を借景とした池泉回遊式庭園の曹源池庭園は、世界文化遺産にも認定登録されている。曹源池庭園裏の小道の「紅葉のトンネル」は絶好の紅葉スポットだ。紅葉シーズンの境内にはカエデ、ツツジ、桜など数多くの木が紅葉し、嵐山の景色と合わさることで素晴らしい絶景が見られる。


宝厳院 / 紅葉と苔の美しいコントラスト

庭園「獅子吼の庭」では苔と紅葉のコントラストを観賞できる / 宝厳院
庭園「獅子吼の庭」では苔と紅葉のコントラストを観賞できる / 宝厳院(C)宝厳院

例年の見頃時期:11月中旬~12月上旬

嵐山借景 回遊式山水庭園「獅子吼(ししく)の庭」は、嵐山の景観を取り入れた借景式山水庭園で、室町時代に中国に2度渡った禅僧、策彦周良禅師によって作庭された。「獅子吼」とは“仏が説法する”という意味であり、庭園内を散策し鳥の声や風の音を聴くことで、人生の心理や正道を肌で感じ、心を穏やかにする効果を持つとされる。紅葉シーズンには、カエデやイチョウなどが色づき、より豊かな庭の彩りが楽しめる。紅葉シーズン中はライトアップを実施。赤黄色のモミジが光に照らされ輝くさまは見事だ。秋の特別拝観の期間は2023年10月7日(土)から12月10日(日)。11月11日(土)から12月3日(日)の17:30から20:00(受付終了時間。閉門は20:30)は秋の夜間特別拝観で、ライトアップが行われる。


常寂光寺 / 高さ約12メートルの多宝塔の周りを紅葉が彩る

参道までの道のりが一面の紅葉で飾られる / 常寂光寺
参道までの道のりが一面の紅葉で飾られる / 常寂光寺画像提供:常寂光寺

例年の見頃時期:11月中旬~11月下旬

嵐山周辺エリアの嵯峨野に位置する塀のない寺。紅葉が美しい小倉山の中腹にあり、常寂光土に遊ぶような風情があることから常寂光寺と名づけられた。石段沿いや境内にカエデが茂り、色彩豊かな風景が印象的。特に高さ約12メートルの多宝塔近辺の紅葉は必見で、数ある京都紅葉名所の中でも絵になる紅葉スポットだ。境内や多宝塔の周辺からは市内を一望でき、優美な京都の景色を楽しめる。例年11月18日ごろから1週間が紅葉の最盛期となり、山門から仁王門、本堂、多宝塔に至る参道と庭が赤黄色のモミジで彩られる。


宝筐院 / 赤く染まる庭園のモミジが風情満点

赤黄色に染まる参道が美しい / 宝筐院
赤黄色に染まる参道が美しい / 宝筐院画像提供:宝筐院

例年の見頃時期: 11月下旬~12月上旬

竹林や苔に四季折々の花が映える、風情満点の庭園が美しい臨済宗の寺院。カエデに包まれた苔が美しく、モミジやドウダンツツジも多くある。晩秋から初冬には見事な紅葉が見られ、境内のモミジの回廊が秋色に美しく変化する。入口から門をくぐるとまっすぐな石畳の道があり、その両側に紅葉のトンネルが続く。辺り一面が黄金色や赤色の紅葉に包まれる様子は必見だ。眼前に広がる一面のモミジと参道を彩る落ち葉のコントラストが風情を感じさせる。例年11月中旬頃から色付き始め、11月下旬から12月上旬頃にかけて見頃を迎える。


パンとエスプレッソと嵐山庭園 / 歴史的建造物でパンとコーヒーを

あふれそうなくらいクリームとフルーツがたっぷりと入った、季節のフルーツサンド / パンとエスプレッソと嵐山庭園
あふれそうなくらいクリームとフルーツがたっぷりと入った、季節のフルーツサンド / パンとエスプレッソと嵐山庭園


毎日食べても飽きが来ないパンと、バリスタが淹れるコーヒーが好評の人気店。築約210年の府指定有形文化財の邸宅を改装したカフェで、京都限定の抹茶トーストや、食べ応えのあるサンドイッチなどを味わうことができる。

住所:京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町45-15
時間: 8:00~18:00※テイクアウトあり
定休日:なし
駐車場:なし
アクセス:京福電気鉄道嵐山本線嵐山駅より徒歩5分

豆腐料理 松ヶ枝 / 絶品豆腐料理を歴史ある邸宅で

自家製湯豆腐、京のおばんざい、天ぷら盛り合わせなどがコース仕立てで味わえる / 豆腐料理 松ヶ枝
自家製湯豆腐、京のおばんざい、天ぷら盛り合わせなどがコース仕立てで味わえる / 豆腐料理 松ヶ枝

京の人気蕎麦処「嵐山よしむら」が監修した、抹茶豆腐と蕎麦豆腐が市松模様になっている湯豆腐が名物。国産大豆を使い、濃厚な豆乳を自社製造。生の豆乳から国産そば粉を使用したそば豆腐と、宇治の抹茶を加えた抹茶豆腐を手作りしている。

住所:京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町3
時間:11:00~LO16:00(観光シーズン10:30~)※閉店時間は季節により変動
定休日:なし
駐車場:なし
アクセス:京福電気鉄道嵐山本線嵐山駅より徒歩3分

いよいよ色付きが本格的になる京都の紅葉。嵐山で秋の絶景を満喫しよう!

※新型コロナウイルス感染対策の実施については個人・事業者の判断が基本となります。
※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

情報は2023年10月26日 00:15時点のものです。おでかけの際はご注意ください。

京都府の紅葉トピックス

京都府の紅葉Q&A

2023年の京都府の紅葉見頃時期はいつ?

京都府の紅葉見頃時期は例年11月中旬~12月上旬頃

京都府の人気の紅葉スポットはどこ?

アクセス数の多い京都府の人気紅葉スポットは、1位「永観堂 禅林寺の紅葉」、2位「嵯峨野トロッコ列車の紅葉」、3位「大本山 東福寺の紅葉」(2024年2月25日更新)

「京都府の紅葉名所人気ランキング」はこちら。

京都府でおすすめのライトアップのある紅葉スポットはどこ?

京都府でおすすめのライトアップのある紅葉スポットは、「嵯峨野トロッコ列車の紅葉」、「永観堂 禅林寺の紅葉」、「大本山 東福寺の紅葉」

「京都府でライトアップのある紅葉スポットおすすめ10選」

京都府で紅葉祭りが楽しめるおすすめスポットはどこ?

京都府で紅葉祭りが楽しめるおすすめスポットは、「光明寺の紅葉」、「大原(三千院)の紅葉」、「嵐山の紅葉」

「京都府で紅葉祭りが楽しめる紅葉スポットおすすめ10選」

X(旧Twitter)でシェアFacebookでシェア

こだわり条件から京都府の紅葉名所を探す

こだわり条件から関西の紅葉名所を探す

おすすめ情報

閲覧履歴

  • 最近見た紅葉スポットページはありません。