2022年の紅葉見頃時期予想【全国編】東・西日本の平野部では平年並の見頃に

全国

ウェザーニューズは9月15日、2022年の「第一回紅葉見頃予想」を発表した。今年の紅葉は、北海道の大雪山系ですでに見頃を迎えており、北日本の名所では10月下旬から11月上旬にかけて、東日本、西日本では11月中旬から下旬にかけて紅葉シーズンを迎える見通しだ。

2022年 全国の紅葉(モミジ)見頃予想マップ(2022年9月15日現在)
2022年 全国の紅葉(モミジ)見頃予想マップ(2022年9月15日現在)出典:ウェザーニューズ


山沿いの見頃は平年より遅め、平野部は11月以降は平年並に

紅葉は、秋の気温が低いと色付く時期が早くなり、高いと遅くなる関係にある。今年の秋は10月まで気温が高い傾向のため色付きが遅く、北日本や東日本、西日本の山沿いを中心に見頃がやや遅れる予想。11月からは寒気の影響で一気に色付きが進むため、11月以降に見頃を迎える平野部では平年並の見頃となり、ところにより平年より早い見頃となるスポットもあるとみられている。

また、紅葉の色付き・状態については、ウェザーニューズがお天気アプリ「ウェザーニュース」を通じて8月30~31日に葉の状態を調査(全国1437人が回答)。全国的に「葉っぱの大きさ」はおおむねそろっており、「葉っぱの形」は昨年より良い傾向にあるという結果となった。今年の暑さや大雨による影響は見られず、今のところは良好な状態のスポットが多いようだ。

【北海道】大雪山系で既に紅葉、10月以降は平年より遅い見頃に

2022年 北海道の紅葉(モミジ)見頃予想マップ(2022年9月15日現在)
2022年 北海道の紅葉(モミジ)見頃予想マップ(2022年9月15日現在)出典:ウェザーニューズ

北海道では、内陸部を中心に朝晩の気温が平年並か平年より低い日が多くなっており、大雪山黒岳では平年より9日も早い見頃を迎え、大雪山旭岳でも平年並の見頃を迎えている。今後11月にかけては気温が平年より高い予想で、10月以降に見頃を迎える多くの名所では平年より遅い見頃になるとみられる。


【東北】高温傾向で見頃は遅れる予想

2022年 東北の紅葉(モミジ)見頃予想マップ(2022年9月15日現在)
2022年 東北の紅葉(モミジ)見頃予想マップ(2022年9月15日現在)出典:ウェザーニューズ

東北では、今夏は太平洋側を中心に気温が高くなり、11月にかけても気温は平年より高くなる傾向にある。そのため、多くの名所で平年より遅めの見頃を迎える見込みだ。


【関東・甲信】高温傾向で山沿いの見頃に遅れ、関東の平野部は平年並

2022年 関東・甲信の紅葉(モミジ)見頃予想マップ(2022年9月15日現在)
2022年 関東・甲信の紅葉(モミジ)見頃予想マップ(2022年9月15日現在)出典:ウェザーニューズ

関東では10月にかけての気温が平年より高くなる傾向で、山沿いを中心に見頃は平年より遅い予想。11月になると高温は段々と落ち着き、平野部は平年並の時期に見頃を迎えそうだ。また、甲信では11月上旬にかけても気温が平年より高くなるとみられ、多くの名所で平年より遅い見頃を迎える見込みに。


【北陸】標高の高い山では紅葉シーズンスタート、平野部は平年並の予想

2022年 北陸の紅葉(モミジ)見頃予想マップ(2022年9月15日現在)
2022年 北陸の紅葉(モミジ)見頃予想マップ(2022年9月15日現在)出典:ウェザーニューズ

北陸は、立山の室堂平(富山県)など標高の高い山ですでに色付きが始まっており、平年並の時期に見頃を迎える見込み。ただ10月にかけては気温が平年より高く、多くの名所で見頃が平年より遅くなるとみられる。一方、11月に見頃を迎える平野部では、平年並の見頃となるところが多い見込みだ。


【東海・中部】高温傾向で山沿いの見頃に遅れ、平野部は平年並

2022年 中部・東海の紅葉(モミジ)見頃予想マップ(2022年9月15日現在)
2022年 中部・東海の紅葉(モミジ)見頃予想マップ(2022年9月15日現在)出典:ウェザーニューズ

東海では、10月に見頃を迎える標高の高い山で平年より遅い見頃になる予想。11月になると徐々に寒気が流れ込みやすくなり冷え込みが見込まれ、平野部は平年並の時期に見頃を迎えるところが多いとみられる。


【近畿】山沿いでは平年より遅く、平野部では平年並の見頃に

2022年 近畿の紅葉(モミジ)見頃予想マップ(2022年9月15日現在)
2022年 近畿の紅葉(モミジ)見頃予想マップ(2022年9月15日現在)出典:ウェザーニューズ


近畿でも、10月に見頃を迎える山沿いでは平年より遅い見頃に。例年11月以降に見頃を迎える平野部では、平年並の時期に見頃となる予想だ。


【中国・四国】10月の山沿いは遅い見頃に、11月の平野部は平年並

2022年 中国・四国の紅葉(モミジ)見頃予想マップ(2022年9月15日現在)
2022年 中国・四国の紅葉(モミジ)見頃予想マップ(2022年9月15日現在)出典:ウェザーニューズ


中国や四国ともに、10月にかけて平年より高温傾向で、10月に見頃を迎える山沿いでは平年より遅い見頃となる見込み。11月から見頃となる平野部では平年並の時期に見頃を迎えるところが多いとみられる。


【九州】高温傾向で山沿いの見頃に遅れ、平野部は平年並

2022年 九州の紅葉(モミジ)見頃予想マップ(2022年9月15日現在)
2022年 九州の紅葉(モミジ)見頃予想マップ(2022年9月15日現在)出典:ウェザーニューズ


九州でも10月にかけて気温が高くなる傾向があり、10月に見頃を迎える山沿いで平年より遅い見頃に。11月以降は寒気の流入や放射冷却で冷え込みが予想され、平野部では平年並の時期に見頃を迎えるところが多くなりそうだ。


上記の予想は今後の気温や天候により変わる場合があるので、おでかけの際は最新情報を確認しよう。なお、スマートフォンアプリ「ウェザーニュース」では、9月15日より全国の名所約800カ所の見頃予想日やスポット情報を公開中。紅葉狩りに出かける際はあわせてチェックしたい。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

詳細情報

■出典
ウェザーニュースウェブサイト「紅葉見頃予想2022」(第1回 2022年9月15日配信)
https://weathernews.jp/s/koyo/news/

▼全国約1000カ所の紅葉情報を紹介する「紅葉特集」を見る


情報は2022年9月15日 17:37時点のものです。おでかけの際はご注意ください。

TwitterでシェアFacebookでシェア

おすすめ情報

閲覧履歴

  • 最近見た紅葉スポットページはありません。