2019年の紅葉見頃予想【西日本編】

ウェザーニューズが10月24日、2019年の第2回紅葉見頃予想を発表。近畿の山沿いと平野部では平年並の見頃に、中国・四国・九州では見頃時期が平年並かやや遅くなる見込みだ。

2019年の全国紅葉見頃予想マップ(10月24日現在)  出典:ウェザーニューズ

【近畿】山の紅葉はやや遅め、平野部では平年並の予想

2019年 近畿の紅葉見頃予想マップ(10月24日現在)  出典:ウェザーニューズ

近畿の名所では、大台ヶ原(奈良)など例年10月中旬に見頃を迎える標高が高い山で平年よりもやや遅い色づきとなっている。11月にかけては、山沿いと平野部では平年並の見頃を迎える名所が多くなりそうだ。

【中国】多くの名所で平年並の見頃に

2019年 中国地方の紅葉見頃予想マップ(10月24日現在)  出典:ウェザーニューズ

10月前半の中国地方は、山陰を中心に曇りや雨の日が多くなり気温も高めだったこともあり、大山(鳥取)など標高が高い地域では平年より色づきがやや遅くなっている。11月にかけても気温は平年よりやや高くなるものの、天気が周期変化するため晴れる日の朝晩は放射冷却が効きやすく、色付くために必要な冷え込みが期待できるため、多くの名所で平年並の見頃を迎えそうだ。また、今夏から今秋にかけて度々接近した台風や雨の影響は限定的で、色づきについても全体の鮮やかさを損なうほどではないとみられる。

【四国】東側は平年よりやや遅い見頃も、11月以降は平年並みに

2019年 四国の紅葉見頃予想マップ(10月24日現在)  出典:ウェザーニューズ

四国では石鎚山(愛媛)などの山では色づきが進み、平年並の見頃を迎えた一方、10月は前線や台風の影響で東側の地域ほど曇りや雨の日が多くなり、剣山(徳島)では平年よりやや遅い見頃となっている。今後、11月にかけては多くの地域で平年並の時期に見頃を迎える見込みで、奥道後壱湯の守(愛媛)など平野部では11月中旬頃から紅葉を楽しむことができそうだ。

【九州】鮮やかな紅葉に期待、見頃時期は平年並からやや遅い予想

2019年 九州の紅葉見頃予想マップ(10月24日現在)  出典:ウェザーニューズ

九州は、一部名所で見頃が遅くなる可能性はあるものの、広範囲で平年並の時期に見頃を迎える予想。霧島(鹿児島)など山では10月の終わり頃から、平野部では11月下旬から見頃の紅葉を楽しめそうだ。色づきに関しては、天気が周期変化して適度な日照や雨、気温低下が見込めることから、鮮やかな紅葉が期待できる。

スマホアプリ「ウェザーニュース」では、全国の名所750カ所の見頃予想日やピンポイント天気など、紅葉狩りの計画に役立つ情報が公開されている。紅葉狩りの予定を立てる際はぜひチェックしよう。

詳細情報

■出典
ウェザーニュースウェブサイト「紅葉見頃予想2019」(第2回 2019年10月24日(木)配信)
https://weathernews.jp/s/topics/201909/040045/

紅葉名所2019



ランキング例年10月見頃の紅葉紅葉ニュース一覧



情報は2019年10月26日時点のものです。おでかけの際はご注意ください。

おすすめ情報