2021年の紅葉見頃時期予想【西日本編】

全国

ウェザーニューズは10月13日、2021年の第2回紅葉見頃予想を発表した。西日本では、11月は気温が平年並かやや低い傾向になることから、多くの名所で平年並から早い見頃を迎える予想だ。

2021年 全国の紅葉(モミジ)見頃予想マップ(10月13日現在)
2021年 全国の紅葉(モミジ)見頃予想マップ(10月13日現在)出典:ウェザーニューズ


【近畿】多くの名所で平年並、11月から各地で紅葉見頃に

2021年 近畿の紅葉(モミジ)見頃予想マップ(10月13日現在)
2021年 近畿の紅葉(モミジ)見頃予想マップ(10月13日現在)出典:ウェザーニューズ

近畿では、11月にかけての気温は平年並になるため、多くの名所で平年並の時期に見頃を迎える予想。高野山(和歌山県)では11月4日(木)頃、嵐山(京都府)では11月21日(日)頃から見頃となりそうだ。

近畿地方の主な紅葉名所では、高野山で11月4日(木)頃、明治の森箕面国定公園で11月19日(金)頃、嵐山で11月21日(日)頃が見頃になるとみられる。


【中国・四国】標高の高い山ではやや早く、平野部は11月中旬から見頃に

2021年 中国・四国の紅葉(モミジ)見頃予想マップ(10月13日現在)
2021年 中国・四国の紅葉(モミジ)見頃予想マップ(10月13日現在)出典:ウェザーニューズ

10月上旬は晴れた日が多く、放射冷却による冷え込みで葉の色付きが進んだ中国や四国地方。石鎚山(愛媛県)や剣山(徳島県)など標高が高い山では、平年より4~5日ほど早い見頃を迎えた。また、11月にかけてはの気温が平年並から低い傾向のため、これから見頃を迎える名所では平年並~早い見頃を迎える予想だ。

中国地方の主な紅葉名所では、大山で10月20日(水)頃、宮島で11月14日(日)頃に見頃を迎える予想。四国ではべふ峡で11月8日(月)頃、特別名勝栗林公園では11月17日(水)頃が紅葉の見頃となりそうだ。


【九州】平野部の見頃は平年並、11月中旬から鮮やかな紅葉に期待

2021年 九州の紅葉(モミジ)見頃予想マップ(10月13日現在)
2021年 九州の紅葉(モミジ)見頃予想マップ(10月13日現在)出典:ウェザーニューズ

九州では、10月第3週末から寒気が流れ込み気温が低くなる予想。このため、10月下旬から11月上旬に見頃を迎える雲仙・仁田峠(長崎県)や霧島(鹿児島県)など標高が高い山では、平年並から早い見頃を迎えるとみられる。その後、11月にかけての気温は平年並となるため、その他の多くの名所では平年並の時期に見頃を迎える予想だ。

九州の主な紅葉名所では、雲仙(仁田峠)で10月29日(金)頃、霧島で10月31日(日)頃、秋月城跡では11月20日(土)頃に見頃を迎える予想となっている。


上記の予想は今後の気温や天候により変わる場合があるので、おでかけの際は最新情報を確認しよう。同社のスマートフォンアプリ「ウェザーニュース」では、9月16日より全国の名所約800カ所の見頃予想日やスポット情報を公開中。紅葉狩りに出かける際はあわせてチェックしたい。


※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

詳細情報

■出典
ウェザーニュースウェブサイト「紅葉見頃予想2021」(第2回 2021年10月13日(水)配信)
https://weathernews.jp/s/koyo/news/

▼全国約1000カ所の紅葉情報を紹介する「紅葉特集」を見る

情報は2021年10月14日 16:51時点のものです。おでかけの際はご注意ください。
TwitterでシェアFacebookでシェア

おすすめ情報

閲覧履歴

  • 最近見た紅葉スポットページはありません。