2019年の紅葉見頃時期予想【東日本編】

※2019年10月27日更新

ウェザーニューズは10月24日に2019年の第2回紅葉見頃予想を発表した。関東では北部はやや遅めで、南部の名所は平年並みの見頃に。中部では山の紅葉はやや遅め、平野部では平年並の時期に見頃を迎える見込みだ。

2019年の全国紅葉見頃予想マップ(10月24日現在)  出典:ウェザーニューズ

【関東】北部はやや遅め、南部は平年並の見頃予想

2019年 関東の紅葉見頃予想マップ(10月24日現在)  出典:ウェザーニューズ

9月の関東は高気圧に覆われて晴れた日が多くなり、那須岳(栃木)では平年並の見頃を迎えた。一方、10月前半は前線や台風の影響で曇りや雨の日が多く、気温は高めに。このため、谷川岳(群馬)などでは平年より遅い見頃時期を迎えている。今後、11月にかけては北部で平年よりやや遅い見頃を迎えるところが多い一方で、南部では多くの名所で平年並の見頃時期を迎える予想だ。

【中部】10月前半の天候不良で山の見頃はやや遅め

2019年 中部の紅葉見頃予想マップ(10月24日現在)  出典:ウェザーニューズ

中部地方では中央アルプス・千畳敷カール(長野)や立山黒部アルペンルート(富山)で平年並の見頃時期を迎えた。一方、10月前半は前線や台風の影響で曇りや雨の日が多く気温も高めとなったため、乗鞍高原(長野)など平年よりやや遅い見頃を迎えた名所もある。今後、北陸の山沿いや、甲信や東海の標高が高い地域では平年より遅めの見頃を迎えるものの、その他の平野部では平年並の時期に見頃を迎えそうだ。

また、ウェザーニューズが行なった調査によると、10月24日現在、中津峡(埼玉)などの一部名所で、台風19号の影響による一時休業や道路の通行止めが発生しているという。台風15号による記録的な暴風に見舞われた千葉県では倒木などの被害が発生し、一部イベントの中止が発表されている名所もある。紅葉狩りの計画の際には、随時最新の情報を確認したい。

スマホアプリ「ウェザーニュース」では全国の名所750か所の見頃予想日やピンポイント天気など、紅葉狩りの計画に役立つ情報が公開されている。紅葉狩りの予定を立てる際はぜひチェックしよう。

詳細情報

■出典
ウェザーニュースウェブサイト「紅葉見頃予想2019」(第2回 2019年10月24日(木)配信)
https://weathernews.jp/s/topics/201909/040045/

紅葉名所2019



ランキング例年10月見頃の紅葉紅葉ニュース一覧



情報は2019年10月27日時点のものです。おでかけの際はご注意ください。

おすすめ情報