2019年の紅葉見頃予想【北日本編】

ウェザーニューズが10月24日、2019年の第2回紅葉見頃予想を発表。北海道の北部や東北の山では、紅葉シーズンはすでに終盤を迎えている。まだ見頃を迎えていない名所では平年より遅めの見頃となりそうだ。

2019年の全国紅葉見頃予想マップ(10月24日現在)  出典:ウェザーニューズ

【北海道】紅葉シーズンは終盤、見頃前の名所は平年より遅めに

2019年 北海道の紅葉見頃予想マップ(10月24日現在)  出典:ウェザーニューズ

9月の北海道は高気圧に覆われて晴れた日が多く、朝晩は冷え込んだことで色づきが進み、大雪山旭岳や十勝岳など、多くの名所が平年並の見頃を迎えた。既に北の地域から落葉が始まっており、紅葉シーズンは終盤。今後、天気は周期変化するが気温は高めとなるため、函館公園(11月3日頃から見頃)など、まだ見頃を迎えていない名所では平年より遅めの見頃時期を迎える予想だ。色づきに関しては、葉が鮮やかに色づくために必要な適度な日差しと雨が見込めるため、鮮やかな紅葉が期待できる。

【東北】見頃時期はやや遅め、南部では台風19号の影響懸念

2019年 東北の紅葉見頃予想マップ(10月24日現在)  出典:ウェザーニューズ

東北の紅葉名所では、八甲田ロープウェー(青森)はやや早い見頃、八幡平(秋田)では平年並の見頃を迎えた。一方、10月前半は前線や台風の影響で曇りや雨の日が多くなったことで、安比高原(岩手)や栗駒山(宮城)など平年よりやや遅い見頃時期を迎えている名所もある。山の紅葉シーズンは終盤だが、この先の気温は高めと予想されるため、まだ見頃を迎えていない名所では平年よりも見頃時期がやや遅くなりそうだ。

色づきについては、11月にかけて葉が鮮やかに色付くために必要な適度な日照と雨が見込めるものの、日本海側の地域では今夏の猛暑や台風の影響で葉が変色したり落ちたりする症状がみられている。また、南部では台風19号の影響で倒木や道路の通行止めが発生しているところがあるため、紅葉狩りの際は事前に最新の情報を確認したい。

スマホアプリ「ウェザーニュース」では、全国の名所750カ所の見頃予想日やピンポイント天気など、紅葉狩りの計画に役立つ情報が公開されている。紅葉狩りの予定を立てる際はぜひチェックしよう。

詳細情報

■出典
ウェザーニュースウェブサイト「紅葉見頃予想2019」(第2回 2019年10月24日(木)配信)
https://weathernews.jp/s/topics/201909/040045/

紅葉名所2019



ランキング例年10月見頃の紅葉紅葉ニュース一覧



情報は2019年10月26日時点のものです。おでかけの際はご注意ください。