東海でライトアップのある紅葉スポットおすすめ10選

東海

木々が鮮やかな色づく紅葉シーズンが到来。今回は東海のライトアップのある紅葉スポットの中から「ウォーカープラス・紅葉特集」でアクセス数の多い人気のおすすめ10スポットをご紹介。2022年の紅葉スポット探しの参考にしてみて。(集計期間:2022年11月20日~2022年12月3日)

※イベントが中止になっている場合があります。また、開催時間や施設の営業時間等が変更されている場合があります。ご利用の際は事前にご確認のうえ、おでかけください。

遠江国一宮 小國神社宮川の紅葉/静岡県周智郡森町

遠江国一宮 小國神社宮川の紅葉
宮川のほとりを美しい紅葉が彩る画像提供:okunijinja

縁結びの名社として県内外より多くの参拝者が訪れる遠江国一宮小國神社。「癒やしの斎庭」の広大なご神域を南北に流れる宮川沿いには大小約1000本のモミジが林立している。スギ・ヒノキの古木が立ち並ぶ静寂な雰囲気とご神域を彩る鮮やかなモミジの競演は圧巻。宮川沿いは平坦な散策コースとなっていて子どもからお年寄りまでゆっくりと散策できる。また、門前の「ことまち横丁」では、治一郎で有名なヤタローグループとコラボした、限定スイーツご縁育む「えんバウム」も大人気だ。

見どころ

秋の紅葉時期にあわせて開催される「もみじまつり」ではライトアップに加え、例年演奏会やお茶席が催される(感染症の状況により中止になる可能性あり)。社殿東側に流れる宮川沿いの赤い橋付近から見る紅葉が美しい。

例年の色付き始め 11月中旬
例年の紅葉見頃 11月中旬12月上旬日付は例年の見頃。気象条件により前後する場合あり
紅葉する木の種類 モミジ

現在の色づき状況や紅葉イベントの開催情報は、事前に問い合わせ先までお尋ねのうえおでかけください。

遠江国一宮 小國神社宮川の紅葉の色づき状況

今見頃

紅葉色づき情報提供元:JRシステム

香嵐渓の紅葉/愛知県豊田市

香嵐渓の紅葉
水面に映り込む紅葉の景観美は見事画像提供:豊田市足助観光協会

愛知県豊田市にある香嵐渓の紅葉は、1634年(寛永11年)頃に香積寺第11世住職三栄和尚がスギやモミジを手植えしたのが始まりとされる。大正末期から昭和初期には、住民のボランティアでモミジの大植樹が施された。イロハモミジ、オオモミジなど11種のカエデが約4000本あると言われており、秋になると赤や黄色に色付く景色は壮観。例年、11月中旬から11月下旬頃にかけて山全体の約4000本のモミジが一斉に色づき、巴川の川面を美しく彩る。夜には山全体がライトアップされ、昼間とはまた違った幻想的な景色が見られる。

見どころ

神様が座ったと言われる飯盛山山頂の磐座(いわくら)の周りには絵馬を掛けられ、神様が現在の八幡宮の方角に向けて足を休められたことから「足助」という地名が付いたという(足助氏が本城を置いた飯盛山は愛知県の史跡に指定されている)。2022年11月1日(火)から11月30日(水)の期間は、香嵐渓もみじまつりが開催。2022年も広場ステージでの芸能イベントは行わないが、飲食スペースを増設し、ライトアップも実施する。

例年の色付き始め 11月上旬
例年の紅葉見頃 11月中旬11月下旬日付は例年の見頃。気象条件により前後する場合あり
紅葉する木の種類 イロハモミジ、オオモミジ、ウラエンコウカエデなど11種類

現在の色づき状況や紅葉イベントの開催情報は、事前に問い合わせ先までお尋ねのうえおでかけください。

名古屋市東山動植物園の紅葉/愛知県名古屋市千種区

名古屋市東山動植物園の紅葉
也有園を彩る紅葉画像提供:名古屋市東山動植物園

名古屋随一の紅葉スポットとして多くの来場者が訪れる、公共交通機関で行ける紅葉スポット。園内では約450種類の動物と約7000種類の植物が展示され、中でも植物園には、イロハモミジ、ハウチワカエデなど紅葉する樹木が500本以上。自然の地形をそのまま生かした山野のような美しい紅葉や日本庭園、合掌造りの家などさまざまな景観を楽しめる。2022年11月18日(金)~20日(日)・23日(祝)・25日(金)~27日(日)には、紅葉ライトアップも行われる。植物園エリアの一部を20:30まで開園延長。

見どころ

也有園から日本庭園まで続く園路沿いの紅葉が特におススメ。モミジの仲間約60種200本が連なり、一度見ればその美しさに感動する。

例年の色付き始め 11月中旬
例年の紅葉見頃 11月中旬12月上旬日付は例年の見頃。気象条件により前後する場合あり
紅葉する木の種類 イロハモミジ、ハウチワカエデ、ヒトツバカエデ、メグスリノキ、カツラ、エノキ、マンサク、他

現在の色づき状況や紅葉イベントの開催情報は、事前に問い合わせ先までお尋ねのうえおでかけください。

名古屋市東山動植物園の紅葉の色づき状況

色あせ始め

紅葉色づき情報提供元:JRシステム

徳川園の紅葉/愛知県名古屋市東区

徳川園の紅葉
尾張徳川家の雄大な庭園を紅葉を見ながら散策しよう画像提供:徳川園事務所

秋にはイロハモミジやヤマモミジなどが色づく池泉回遊式の日本庭園。高低差の大きな地形、既存のまま取り入れた樹林、立体的に迫る大きな岩組みが特徴だ。変化に富んだ景観を大胆に切り替える構成を用いて、武家社会の豪快さを眺めることができるようにしている。新緑や紅葉、ボタンやハナショウブの花々など四季を通じて楽しめる庭となっている。秋の紅葉の見頃は、例年11月中旬から12月上旬頃となる。

見どころ

2022年11月15日(火)から12月4日(日)の期間には「錦を纏う 徳川園紅葉祭」が開催。また、11月25日(金)から27日(日)および12月2日(金)から4(日)には夜間開園ライトアップを実施、期間中は開園時間が19:30(入園は19:00まで)に延長される。

例年の色付き始め 11月中旬
例年の紅葉見頃 11月中旬12月上旬日付は例年の見頃。気象条件により前後する場合あり。月曜日休園(但し、月曜が祝日の場合は翌平日)。ライトアップは2022年11月25日(金)~27日(日)・12月2日(金)~4(日)
紅葉する木の種類 イロハモミジ、ヤマモミジ、ニシキギ、他

現在の色づき状況や紅葉イベントの開催情報は、事前に問い合わせ先までお尋ねのうえおでかけください。

大井平公園の紅葉/愛知県豊田市

大井平公園の紅葉
風のつり橋から望む紅葉画像提供:いなぶ観光協会

愛知県にある、稲武の紅葉の名所として有名なスポット。約520本のカエデやイロハモミジイチョウが植えられている。名倉川沿いにあるため、秋には川面に美しい紅葉が映し出されるさまも美しく、常緑樹の緑と赤、黄色のコントラストも魅力のひとつ。公園内は遊歩道も整備されていて、ゆったりと過ごすことができる。例年、10月下旬から11月上旬頃から色づき始め、11月上旬から11月中旬頃にかけてが紅葉の見頃の時期となる。

見どころ

園内は天保時代に植樹された森がある。名倉川遊歩道を散策しながら紅葉狩りを楽しむのもおすすめだ。2022年10月29日(土)から11月12日(日)には「稲武もみじまつり」が開催。期間中は、21:00までライトアップも行われる。また、道の駅どんぐりの里いなぶどんぐり工房前より大井平公園までシャトルバスも運行する。

例年の色付き始め 10月下旬~11月上旬
例年の紅葉見頃 11月上旬11月中旬日付は例年の見頃。気象条件により前後する場合あり
紅葉する木の種類 モミジ、カエデ、イチョウ、ドウダンツツジ

現在の色づき状況や紅葉イベントの開催情報は、事前に問い合わせ先までお尋ねのうえおでかけください。

大井平公園の紅葉の色づき状況

落葉

紅葉色づき情報提供元:JRシステム

方広寺の紅葉/静岡県浜松市北区

方広寺の紅葉
亀背橋の周辺が紅葉で彩られる画像提供:方広寺

650年前に創建された、臨済宗の大本山方広寺。伽藍のほとんどは、国の登録有形文化財となっている他、国重要文化財である釈迦三尊像は必見だ。静かな境内では、晩秋に様々な姿の紅葉が楽しめる。例年、11月中旬から12月上旬頃にかけてが見頃となり、表参道の鳥居周辺や境内にある赤い橋(亀背橋)周辺などは、赤や黄色の紅葉で彩られる。

見どころ

紅葉シーズンには「夜間特別拝観 紅葉のゆうべ」を開催。境内の紅葉をライトアップし、幽玄な雰囲気が味わえる。またこの期間中には、通常非公開の開山堂を開放し、絵画のような紅葉も楽しめる。2022年は11月26日(土)・27日(日)、12月3日(土)・4日(日)に開催。

例年の色付き始め 11月中旬
例年の紅葉見頃 11月中旬12月上旬日付は例年の見頃。気象条件により前後する場合あり
紅葉する木の種類 カエデ

現在の色づき状況や紅葉イベントの開催情報は、事前に問い合わせ先までお尋ねのうえおでかけください。

修善寺 虹の郷(匠の村 もみじ林)の紅葉/静岡県伊豆市

修善寺 虹の郷(匠の村 もみじ林)の紅葉
あざやかに色づいたもみじ林画像提供:修善寺 虹の郷

伊豆最大級の紅葉群生林で、全国的に遅い紅葉が楽しめる修善寺 虹の郷。茅葺屋根の古民家が建ち並ぶ匠の村へと続く1haの丘陵地を生かした約1000本のもみじ林をはじめ、カナダ村やフェアリーガーデンではラクウショウやアメリカフウが黄金色に色づき、まるで外国映画のワンシーンを切り取ったかのような風景を見せる。和洋風合わせて約2000本の木々が鮮やかに色づくさまは圧巻のひと言。

見どころ

イギリス村や伊豆の村、日本庭園の菖蒲ヶ池周辺や匠の村のもみじ林の一部で、もみじのライトアップも行われる。秋の修善寺温泉の風物詩として人気であり、虹の郷ならではの幻想的に浮かび上がる色鮮やかな紅葉が楽しめる。

例年の色付き始め 11月中旬
例年の紅葉見頃 11月中旬12月中旬日付は例年の見頃。気象条件により前後する場合あり
紅葉する木の種類 ヤマモミジ、オオモミジ、エンコウカエデ、コハウチワカエデ、イロハモミジ、アメリカフウ、ラクウショウ

現在の色づき状況や紅葉イベントの開催情報は、事前に問い合わせ先までお尋ねのうえおでかけください。

修善寺 虹の郷(匠の村 もみじ林)の紅葉の色づき状況

色あせ始め

紅葉色づき情報提供元:JRシステム

白鳥庭園の紅葉/愛知県名古屋市熱田区

白鳥庭園の紅葉
紅葉の見ごろになる時期には雪吊りも見られる画像提供:白鳥庭園

名古屋市内最大級の規模を誇る日本庭園。秋にはイロハモミジやドウダンツツジなど約1500本が色づく。紅葉の見ごろになる時期からは雪吊りがあり、放射線状に広がる造形美とともに紅葉が楽しめる。池泉回遊式庭園で中部地方の地形をモチーフに、築山を御嶽山、そこからの流れを木曽川、流れの水が注ぎ込む池を伊勢湾に見立て、源流から大海までの水の物語をテーマにしている。

見どころ

水面に写された逆さモミジや昼間の雄大な景色とは違った幻想的なライトアップは必見。

例年の色付き始め 11月下旬
例年の紅葉見頃 11月下旬12月上旬期間は例年の見頃。気象条件により前後する場合あり
紅葉する木の種類 イロハモミジ、ドウダンツツジ、他

現在の色づき状況や紅葉イベントの開催情報は、事前に問い合わせ先までお尋ねのうえおでかけください。

赤目四十八滝の紅葉/三重県名張市

赤目四十八滝の紅葉
滝に紅葉が加わり、一層豊かな景観が楽しめる画像提供:赤目四十八滝渓谷保勝会

約3.3kmにわたる赤目渓谷は、室生火山群が多年にわたる風化浸食作用により現出した柱状節理の断崖絶壁に挟まれ、赤目五瀑と呼ばれる不動滝、千手滝、布曳滝、荷担滝、琵琶滝をはじめ大小さまざまな滝が点在する。春はヤマザクラ、ヤマブキ、ツツジ、初夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪景色に氷瀑と、四季それぞれに趣を変えていく。秋の紅葉ではイロハモミジカエデ、ヤマザクラなどを楽しむことができ、長坂山へのトレッキングコースからは渓谷と赤く染まった山並みを一望できる。

見どころ

2022年10月22日(土)~2023年1月31日(火)の期間、「幽玄の竹あかり」(渓谷ライトアップ)を開催。従来の渓谷エリアと新たに森エリアが追加。2000本余りの竹あかりで渓谷を幻想的に彩る。17:00~19:30、料金 大人600円、小中学生300円(渓谷入山料含む)。

例年の色付き始め 10月下旬
例年の紅葉見頃 11月上旬11月下旬日付は例年の見頃。気象条件により前後する場合あり
紅葉する木の種類 イロハモミジ、カエデ、ヤマザクラ

現在の色づき状況や紅葉イベントの開催情報は、事前に問い合わせ先までお尋ねのうえおでかけください。

赤目四十八滝の紅葉の色づき状況

落葉

紅葉色づき情報提供元:JRシステム

稲沢市祖父江町の紅葉/愛知県稲沢市

稲沢市祖父江町の紅葉
イチョウが作り出す黄色一色の絶景を楽しむことができる画像提供:稲沢市観光協会・祖父江町商工会

祖父江町内には約1万本のイチョウの木が植えられており、毎年11月下旬から12月上旬にかけて一斉に黄葉する。町中が黄金色に染まり、黄色一色の絶景を楽しむことができる。2022年は3年ぶりに「そぶえイチョウ黄葉まつり」が11月19日(土)から27日(日)までの期間、祖父江ぎんなんパークと祐専寺およびその周辺地域を中心に開催され、両会場では26日(土)まで夜間ライトアップ(17:00~20:00)も行われる。

見どころ

山崎地区には、祐専寺をはじめ樹齢200年を超える古木が何本もあり、それらを見学しながら黄葉の中を散策することもできる。

例年の色付き始め 11月下旬
例年の紅葉見頃 11月下旬12月上旬日付は例年の見頃。気象条件により前後する場合あり
紅葉する木の種類 イチョウ

現在の色づき状況や紅葉イベントの開催情報は、事前に問い合わせ先までお尋ねのうえおでかけください。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

【エリア別】ライトアップのあるおすすめ紅葉スポット
TwitterでシェアFacebookでシェア

表記に関する説明

  • 青葉

  • 色づき始め

  • 今見頃

  • 色あせ始め

  • 落葉

おすすめ情報

閲覧履歴

  • 最近見た紅葉スポットページはありません。