京都府の紅葉情報「庭園・寺社」(6ページ目)

例年11月中旬~12月上旬頃が見頃になる京都府の紅葉スポットの中から「庭園・寺社」の紅葉名所(73件)をエリア順で紹介します。

エリアを選択
条件を絞り込む
並び順を選択
京都府の紅葉情報「庭園・寺社」73件ヒットしました
全 73 件中  51 〜 60 件
TwitterでシェアFacebookでシェア

表記に関する説明

  • 青葉

  • 色づき始め

  • 今見頃

  • 色あせ始め

  • 落葉

美しい庭園・寺社の紅葉が楽しめる京都紅葉ガイド

日本屈指の紅葉名所がそろう古都・京都。中でも美しい庭園・寺社の紅葉が楽しめる厳選7スポットを、見学にベストな時期、時間帯などと共にご紹介!
→京都の紅葉名所人気ランキングはこちら

貴船神社(見頃:11月中旬~下旬)

貴船神社(京都市左京区)

創建年代不詳ながら、伝説では約1600年前の創建と伝えられている古社・貴船神社。11月上旬からは「貴船もみじ灯篭」が開催予定。叡山電車貴船口駅から料理旅館街、そして貴船神社の本宮・結社・奥宮までの街道沿いに灯籠が並び、貴船川の畔もライトアップされる。
■行く時期のベストは?:貴船エリアは色付きの時期が場所によって異なるので、色とりどりの紅葉を楽しめるのが魅力。真っ赤なカエデを見るなら11月中旬がおすすめ。
■行く時間のベストは?:ライトアップは人気のため、どの時間帯も混雑する可能性が高い。ただ、奥宮まで参拝する人は少ないので、混雑を避けて紅葉狩りを楽しみたいなら奥宮へ。

永観堂(見頃:11月中旬~下旬)

永観堂(京都市左京区)

浄土宗西山禅林寺派の総本山で、「みかえり阿弥陀」として有名な本尊の阿弥陀如来立像など、多くの寺宝を所蔵する。「モミジの永観堂」とも言われ、イロハモミジ、オオモミジなど約3000本の木々が境内一帯を深紅に染め上げる。
■行く時期のベストは?:京都の紅葉のなかでも一、二を争う名所なだけあり、毎年多くの人が訪れる。それだけ美しい紅葉が楽しめるので、ピークを迎える11月下旬に訪れたい。
■行く時間のベストは?:昼の拝観とライトアップで入替が行われるため、夜間の開門時間となる17時30分には、すでに受付を待つ長蛇の列が。17時前には到着して開門を待とう。

東福寺(見頃:11月下旬~12月上旬)

東福寺(京都市東山区)

臨済宗東福寺派の大本山で、京都五山の一つ。25万平方メートルもの広さを誇る広大な敷地のなかでも、通天モミジや通天カエデと呼ばれる紅葉が眺められる通天橋は、一番の絶景ポイント。ほかにも通天橋が紅葉に浮いているかのような臥雲橋、特別公開中の龍吟庵など見どころが多く、さまざまな角度から絶景を楽しめる。

南禅寺天授庵(見頃:11月中旬~11月下旬)

南禅寺天授庵(京都市左京区)

南禅寺の塔頭のひとつ。本堂はこけら葺き屋根の建物で、枯山水の本堂東庭と、池泉回遊式の書院南庭、2つの庭園がある。風情ある2つの庭園は、堂内に腰かけてじっくりとその美を感じたい。
■行く時期のベストは?:11月10日(火)頃から見事な紅葉を楽しめる。ピーク時の真っ赤なカエデや、紅葉の散り際と、何度も訪れてみるのも面白い。

清水寺(見頃:11月下旬~12月上旬)

清水寺(京都市東山区)

1994年にはユネスコの世界文化遺産にも登録され、日本のみならず世界中から拝観者が訪れる名刹。秋には清水の舞台や三重塔、放生池などの周囲に広がる約1000本のヤマモミジが紅葉する。11月18日(水)から11日30日(月)まで実施されるライトアップも必見。色付くヤマモミジが500基以上の照明で照らされ、自然美と建築物が織り成す光景を楽しめる。
■行く時期のベストは?:やはり紅葉の見頃がピークを迎える11月下旬~12月上旬を狙いたい。息を飲むほどの景色を楽しめる。混雑を避けるなら11月中旬がおすすめ。
■行く時間のベストは?:ライトアップの時間帯は例年混雑する。受付終了60分前であれば、比較的人がひき始めるので、ゆっくりライトアップされた紅葉を満喫できる。

二条城(見頃:11月中旬~12月上旬)

二条城(京都市中京区)

城内には清流園、本丸庭園、二の丸庭園(特別名勝)と趣の異なる3つの庭園があり、紅葉と庭園の融合を楽しめる。また今年は3年ぶりに水族アート展覧会「アートアクアリウム城~京都・金魚の舞~」が開催される。訪れる際は、二の丸御殿の正門「唐門」から「本丸庭園」、「西橋周辺」を巡るコースがベスト。

北野天満宮(見頃:11月中旬~12月上旬)

北野天満宮(京都市上京区)

菅原道真公を祀り、学問の神様として信仰を集める北野天満宮。全国天満宮の総本社にして、天神信仰発祥の神社だ。境内西側の史跡「御土居」のもみじ苑では、約350本のカエデが境内を彩り、秋の絶景が楽しめる。境内全域のライトアップも行われる予定。日没から20時まで、カエデや朱色の鶯橋が幻想的な光に照らされる。
■行く時期のベストは?:紅葉とライトアップが楽しめる11月中旬~12月上旬がおすすめ。比較的いつ訪れても混雑が少ないのもうれしい。
■行く時間のベストは?:16時30分ごろの日没前にもみじ苑へ入場し、のんびりとライトアップを待とう。雰囲気の異なる紅葉を観賞して。

こだわり条件から京都府の紅葉名所を探す

こだわり条件から関西の紅葉名所を探す

おすすめ情報

閲覧履歴

  • 最近見た紅葉スポットページはありません。