東寺(教王護国寺)の紅葉情報

五重塔に紅葉が美しく映える名刹

東寺(教王護国寺)の紅葉
瓢箪池付近のカエデ約150本が紅葉し、五重塔と見事な風景を織り成す
画像提供:東寺(教王護国寺)

国宝だけでも80点を超える文化財を有し、1994年には世界遺産に登録された名刹で、教王護国寺とも呼ばれる。11月中旬から12月上旬にかけての紅葉シーズンには東寺の象徴でもある五重塔周辺が深紅に染まり、見る者の心を魅了する。五大菩薩坐像や五大明王像など国宝指定の仏像を数多く安置する重要文化財の講堂も訪れたい。毎月21日に行われる縁日の弘法市には数多くの露店が並び、大いに賑わう。

見どころ

五重塔と紅葉が池に映り込むスポットがあり、塔のシルエットと紅葉の朱色が水面に揺れる様子は幻想的だ。

※「行ってみたい」「行ってよかった」の投票は、24時間ごとに1票、最大20スポットまで可能です
  • 今日 35℃24℃
  • 明日 33℃25℃

東寺(教王護国寺)の紅葉 情報

紅葉情報

スポット名 東寺(教王護国寺)
例年の色づき始め 11月中旬
例年の紅葉見頃 11月中旬12月上旬
紅葉祭り ×
紅葉する木の種類 イロハモミジ、ドウダンツツジ、ソメイヨシノ、イチョウなど約200本
おすすめスポット 瓢箪池周辺など
時間 開門時間(通年)5:00~17:00。拝観時間(通年)金堂・講堂8:00~17:00(16:30受付終了)、観智院9:00~17:00(16:30受付終了)※ライトアップは18:30~21:30(21:00受付終了)
料金 御影堂、食堂などの拝観は無料。金堂・講堂・五重塔、特別公開や特別参拝は有料。詳細は公式サイト参照
その他・全体備考 ライトアップは10月26日(土)~12月8日(日)

スポット情報

住所 京都京都市南区九条町1 MAP
アクセス 【電車】JR京都駅から徒歩15分。近畿日本鉄道東寺駅から徒歩10分 【車】名神高速道路京都南ICから約10分
駐車場 ○50台普通車600円/120分、以降300円/60分1月1日~5日は別料金。毎月21日の弘法市は駐車不可
お問い合わせ 075-691-3325
HP 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※ 表示料金は消費税8%ないし10%の内税表示です。詳細につきましては、施設および店舗・主催者および運営者へお問い合わせをお願いします。
※ 紅葉の色づき状況は日々変わっていきますので、現在の色づき状況や紅葉イベントの開催情報は、問い合わせ先までお尋ねのうえおでかけください。

表記に関する説明

表記に関する説明