清凉寺(嵯峨釈迦堂)の紅葉情報

このページをスマホで見る

京都府京都市右京区 / 清凉寺(嵯峨釈迦堂)

国宝釈迦如来像を安置する古刹で優雅に楽しむ紅葉鑑賞

京都市右京区にある浄土宗の寺院で、釈迦如来を本尊としており、嵯峨釈迦堂の呼び名で親しまれている。仁王像、十六羅漢像を祀る荘厳な仁王門や、三国伝来の国宝である釈迦如来像を安置する本堂などは、京都府の指定文化財である。広い境内の至る所にモミジが見受けられ、11月中旬から12月上旬にかけての見頃には、艶のある華やかな紅葉が周囲を真っ赤に染め上げ、見応えがある。嵐山周辺の紅葉の名所として知られている。

見どころ

本堂の裏側には池に面した弁天堂が建っており、取り囲む紅葉の赤と木々の緑の鮮やかなコントラストが美しい。本堂の渡り廊下からは「額縁の絵」のように見え、好みの角度から一枚の絵となる景色を鑑賞することも可能だ。多宝塔の両脇や聖徳太子殿の周囲にもモミジが植えられており、色彩豊かな秋の風情を堪能することができる。

  • 現在の色づき状況や紅葉イベントの開催情報は、事前に問い合わせ先までお尋ねのうえおでかけください。

  • 今日 28℃19℃
  • 明日 26℃18℃

天気情報提供元:株式会社ライフビジネスウェザー

※「行ってみたい」「行ってよかった」の投票は、24時間ごとに1票、最大20スポットまで可能です
※ 掲載内容は取材時点の情報です。掲載内容は状況により変更になる可能性があります。最新情報は、公式サイト等でご確認ください。
※ 新型コロナウイルス感染対策の実施については個人・事業者の判断が基本となります。
※ 表示料金は消費税10%の内税表示です。
※ 掲載されている画像は施設管理者、もしくは取材先から紅葉特集への掲載の許諾をいただき、提供されたものとなります。

同じ条件の紅葉名所を探す

紅葉名所一覧に戻る

清凉寺(嵯峨釈迦堂)の紅葉Q&A

清凉寺(嵯峨釈迦堂)の紅葉の見頃時期はいつからいつまで?

例年の見頃時期は11月中旬~12月上旬

清凉寺(嵯峨釈迦堂)の紅葉のその他の詳細情報を見る

清凉寺(嵯峨釈迦堂)の紅葉を見に行くアクセス方法は?

交通アクセス:【電車】JR嵯峨嵐山駅から徒歩15分

清凉寺(嵯峨釈迦堂)の紅葉の地図・アクセス情報を見る

清凉寺(嵯峨釈迦堂)の紅葉:駐車場はある?

あり。 1台800円、大型バス2時間2000円

清凉寺(嵯峨釈迦堂)の紅葉の地図・アクセス情報を見る

清凉寺(嵯峨釈迦堂)の紅葉の見どころは?

本堂の裏側には池に面した弁天堂が建っており、取り囲む紅葉の赤と木々の緑の鮮やかなコントラストが美しい。本堂の渡り廊下からは「額縁の絵」のように見え、好みの角度から一枚の絵となる景色を鑑賞することも可能だ。多宝塔の両脇や聖徳太子殿の周囲にもモミジが植えられており、色彩豊かな秋の風情を堪能することができる。

清凉寺(嵯峨釈迦堂)の紅葉のその他の詳細情報を見る

X(旧Twitter)でシェアFacebookでシェア

表記に関する説明

  • 青葉

  • 色づき始め

  • 今見頃

  • 色あせ始め

  • 落葉

こだわり条件から京都府の紅葉名所を探す

こだわり条件から関西の紅葉名所を探す

おすすめ情報

閲覧履歴

  • 最近見た紅葉スポットページはありません。