京都府立植物園の紅葉情報

このページをスマホで見る

京都府京都市左京区 / 京都府立植物園

広大な敷地が色付く秋の京都府立植物園

大正13年に開園した日本最古の公立総合植物園。約24ヘクタールの広大な敷地に約12000種類の植物が植栽・展示されており、四季折々に美しい。秋には、モミジやサクラ、フウ、イチョウなど約1000本の木々が色鮮やかに紅葉し、都市部にいながら1か月近く楽しめる。特に、「なからぎの森」周辺の紅葉やあじさい園のフウの大木の紅葉は必見だ。

見どころ

2023年11月10日(金)から12月3日(日)の日没から20:00には、イロハモミジやメタセコイアなど多様な木々をライトアップ。「なからぎの森」周辺の池では、約200本のイロハモミジが水面に映える。また、ライトアップ期間中は観覧温室が夜間無料開放される(17:00~20:00)。

  • 現在の色づき状況や紅葉イベントの開催情報は、事前に問い合わせ先までお尋ねのうえおでかけください。

  • 今日 27℃13℃
  • 明日 25℃13℃

天気情報提供元:株式会社ライフビジネスウェザー

※「行ってみたい」「行ってよかった」の投票は、24時間ごとに1票、最大20スポットまで可能です
※ 掲載内容は取材時点の情報です。掲載内容は状況により変更になる可能性があります。最新情報は、公式サイト等でご確認ください。
※ 新型コロナウイルス感染対策の実施については個人・事業者の判断が基本となります。
※ 表示料金は消費税10%の内税表示です。
※ 掲載されている画像は施設管理者、もしくは取材先から紅葉特集への掲載の許諾をいただき、提供されたものとなります。

同じ条件の紅葉名所を探す

紅葉名所一覧に戻る

京都府立植物園の紅葉Q&A

京都府立植物園の紅葉の見頃時期はいつからいつまで?

例年の見頃時期は11月中旬~12月上旬
ちなみに2022年は11/16~12/02頃見頃時期になった

京都府立植物園の紅葉のその他の詳細情報を見る

京都府立植物園の紅葉:ライトアップはある?

あり

京都府立植物園の紅葉のその他の詳細情報を見る

京都府立植物園の紅葉を見に行くアクセス方法は?

交通アクセス:【電車】地下鉄北山駅すぐ。または京阪電鉄出町柳駅からバスで植物園前停留所下車、徒歩5分 【車】名神高速道路京都南ICから北山方面へ約30分

京都府立植物園の紅葉の地図・アクセス情報を見る

京都府立植物園の紅葉:駐車場はある?

あり。 150台。 普通車300円/60分(最大1200円)、大型車7台2550円/1回

京都府立植物園の紅葉の地図・アクセス情報を見る

京都府立植物園の紅葉の見どころは?

2023年11月10日(金)から12月3日(日)の日没から20:00には、イロハモミジやメタセコイアなど多様な木々をライトアップ。「なからぎの森」周辺の池では、約200本のイロハモミジが水面に映える。また、ライトアップ期間中は観覧温室が夜間無料開放される(17:00~20:00)。

京都府立植物園の紅葉のその他の詳細情報を見る

X(旧Twitter)でシェアFacebookでシェア

表記に関する説明

  • 青葉

  • 色づき始め

  • 今見頃

  • 色あせ始め

  • 落葉

こだわり条件から京都府の紅葉名所を探す

こだわり条件から関西の紅葉名所を探す

おすすめ情報

閲覧履歴

  • 最近見た紅葉スポットページはありません。