嵐山(鹿王院)の紅葉情報

このページをスマホで見る

京都府京都市右京区 / 嵐山(鹿王院)
本ページ記載の内容は2019年のものです。

参道にかかる紅葉のアーチが見事

足利義満が1379年(康暦1)春屋妙葩を開山として建立した、宝幢寺の開山塔。山門をくぐると石畳の道に紅葉のアーチが続いており、最初に目に飛び込んでくる、奥に伸びた参道の苔の緑色と紅葉の赤色のコントラストが見事。周囲は静かなエリアで、意外と人も少なく時間帯によっては、静寂を感じながらの紅葉を堪能できる。例年によると、色づき始めるのは11月中旬頃、11月下旬から12月上旬に見頃を迎える。

見どころ

11月22日(金)~12月8日(日)の期間中はライトアップを実施。園内が色とりどりに輝く様子を堪能できる。

  • 今日 21℃14℃
  • 明日 21℃14℃
  • ※掲載内容は取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染症拡大防止対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください。

※「行ってみたい」「行ってよかった」の投票は、24時間ごとに1票、最大20スポットまで可能です
※ 紅葉の色づき状況は日々変わっていきますので、現在の色づき状況や紅葉イベントの開催情報は、問い合わせ先までお尋ねのうえおでかけください。
※ 表示料金は消費税10%の内税表示です。

同じ条件の紅葉名所を探す

紅葉名所一覧に戻る

TwitterでシェアFacebookでシェア

表記に関する説明

  • 青葉

  • 色づき始め

  • 今見頃

  • 色あせ始め

  • 落葉

こだわり条件から京都府の紅葉名所を探す

こだわり条件から関西の紅葉名所を探す

おすすめ情報