大寧寺の紅葉情報

赤い橋を引き立たせるように広がる紅葉

1410(応永17)年創建と伝わる曹洞宗屈指の名刹。境内は広く、江戸時代に再建された本堂、かつての山門の礎石、戦国武将の大内義隆が顔を映して最期を悟ったと伝わる姿見の池、かぶと掛けの岩などがある。寺の前を流れる大寧寺川に架かる赤い虎渓橋を引き立たせるように紅葉が広がっており、撮影ポイントとしても人気だ。

見どころ

11月上旬から12月上旬まで境内でライトアップが行われる予定。実施時間は17:30から22:30までを予定しており、日中と異なる美しさを見せてくれる。

※「行ってみたい」「行ってよかった」の投票は、24時間ごとに1票、最大20スポットまで可能です
  • 今日 36℃27℃
  • 明日 34℃27℃

大寧寺の紅葉 情報

紅葉情報

スポット名 大寧寺
例年の色づき始め 10月下旬
例年の紅葉見頃 11月中旬12月上旬
紅葉祭り ×
紅葉する木の種類 イロハモミジ、イチョウなど

スポット情報

住所 山口県長門市深川湯本1074-1 MAP
アクセス 【電車】JR長門湯本駅から徒歩10分 【車】中国自動車道美祢ICから約35分
駐車場 ○80台無料
お問い合わせ 0837-26-0708 長門市観光案内所YUKUTE
HP 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※ 表示料金は消費税8%ないし10%の内税表示です。詳細につきましては、施設および店舗・主催者および運営者へお問い合わせをお願いします。
※ 紅葉の色づき状況は日々変わっていきますので、現在の色づき状況や紅葉イベントの開催情報は、問い合わせ先までお尋ねのうえおでかけください。

大寧寺の紅葉から行ける立ち寄り施設

こだわり条件から山口県の紅葉名所を探す

こだわり条件から中国の紅葉名所を探す

おすすめ情報