華山(神上寺)の紅葉情報

古刹の参道が巨木の紅葉で赤く染まる

華山(神上寺)の紅葉
豊田地域一の美しさを誇る
(c)下関市
本ページ記載の内容は2018年のものです。順次更新しております。

県立自然公園・華山の二合目にある神上寺は、高野山真言宗、山岳霊場として8世紀はじめに開かれた古刹。後に毛利藩主の保護寺となったため、国や県の重要文化財に指定された宝物が多く伝わっている。寺に至る参道は苔むし、境内には雪舟の庭があり、四季を通じて訪れる人を魅了する。生えている樹木はモミジイチョウが主で、どれも巨木であるため、紅葉の時期は参道が赤く染まり見ごたえがある。

※「行ってみたい」「行ってよかった」の投票は、24時間ごとに1票、最大20スポットまで可能です
  • 今日 32℃24℃
  • 明日 30℃23℃

華山(神上寺)の紅葉 情報

紅葉情報

スポット名 華山(神上寺)
例年の色づき始め 11月上旬
例年の紅葉見頃 11月中旬12月上旬
紅葉祭り ×
紅葉する木の種類 モミジ、イチョウ
その他・全体備考 期間は例年の見頃。気象条件により前後する場合あり

スポット情報

住所 山口県下関市豊田町大字江良 MAP
アクセス 【車】中国自動車道小月ICから約20分、美祢ICから約25分
駐車場 ○無料
お問い合わせ 083-766-0286 神上寺
HP 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※ 表示料金は消費税8%ないし10%の内税表示です。詳細につきましては、施設および店舗・主催者および運営者へお問い合わせをお願いします。
※ 紅葉の色づき状況は日々変わっていきますので、現在の色づき状況や紅葉イベントの開催情報は、問い合わせ先までお尋ねのうえおでかけください。

表記に関する説明

表記に関する説明