九州の紅葉名所!福岡で11月上旬~11月下旬が見頃の紅葉情報まとめ

福岡県

例年11月上旬~11月下旬頃が見頃になる福岡県の紅葉スポットを、定番名所から穴場まで一挙に紹介。秋を感じに出かけてみよう!

鮮やかに色づいたイチョウが迎える「勝山公園」

紫川と一体となった街の憩いの場として、多くの市民に親しまれている / 勝山公園
紫川と一体となった街の憩いの場として、多くの市民に親しまれている / 勝山公園画像提供:北九州市公園緑地部 みどり・公園整備課

勝山公園は福岡県北九州市のシンボル公園で、「小倉城」を中心に「小倉城庭園」や「松本清張記念館」、「中央図書館」といった観光・文化施設がある。秋の紅葉のスポットでもあり、例年、10月下旬頃からイチョウやハゼノキが色付き始める。10月下旬から11月下旬にかけてが見頃の時期で、公園のハゼノキやイチョウだけでなく、小倉城の周囲を彩るケヤキも美しい。園内の紅葉の見どころは小倉城天守閣周辺だが、市役所庁舎の展望室からも公園の紅葉を見渡すことができる。また紅葉の期間の2023年11月1日(水)~12日(日)には、小倉城菊花展も開催。

【紅葉情報】例年の色づき始め:10月下旬 / 例年の見頃時期:10月下旬~11月下旬 / 小倉城菊花展:2023年11月1日(水)~11月12日(日)※問合せ先:小倉城(093-561-1210)/ 紅葉する木の種類:イチョウ、ハゼノキ、ケヤキなど


奥八女に広がる紅葉風景「日向神峡」

神秘的な風景に思わず息をのむ / 日向神峡
神秘的な風景に思わず息をのむ / 日向神峡画像提供:八女市矢部村

トンネルを抜けると眼前に飛び込んでくる、日向神峡の岩山と水面に映える紅葉風景。日向神峡は矢部川上流の日向ダムの湖畔にあり、その山々は太古の昔、天馬が蹴って穴が開いたという伝説が残る蹴洞岩(ケホギイワ)や、パワースポットとして知られる日本一大きいハート岩が有名。また10キロほど奥にある杣(ソマ)の里渓流公園周辺でも紅葉が美しく、さらに奥では福岡県で1番高い釈迦岳の紅葉が楽しめる。『恋愛成就のパワースポット、ハート岩を望む、「けほぎ橋」にある「幸せの鐘」を鳴らせばあなたも恋愛成就』(詳細は公式サイト参照)。2023年11月12日(日)には八女津媛神社駐車場で紅葉まつりが開催。いも汁のふるまい、青空市(農産物)の買い物を楽しむことができる。

【紅葉情報】例年の色づき始め:10月下旬 / 例年の見頃時期:10月下旬~11月中旬 / 紅葉する木の種類: カエデ、モミジ


雷山の秋を彩る樹齢400年の大楓「雷山千如寺大悲王院」

大きく枝を広げた樹齢400年の大楓の紅葉は見事 / 雷山千如寺大悲王院
大きく枝を広げた樹齢400年の大楓の紅葉は見事 / 雷山千如寺大悲王院画像提供:糸島市観光協会

雷山中腹に位置し、由緒ある寺院。境内には、福岡県指定天然記念物である樹齢約400年といわれる大楓があり、紅葉の名所としても有名。また、室町時代作庭の心字庭園では、200本以上のモミジが色づく様子も楽しめる。秋の紅葉は例年、10月下旬頃からカエデやイチョウなどが色付き始め、11月上旬から11月中旬頃にかけてが紅葉の見頃となる。散りかけの時期もおすすめ。地面にじゅうたんのごとく落ち葉が敷き詰められ、地面が真っ赤に染まる。また、国の重要指定文化財「木造千手観音立像」や「木造清賀上人坐像」、福岡県の指定文化財「木造多聞天像」「木造持国天像」などが安置されており、合わせて拝観できる。

【紅葉情報】例年の色づき始め:10月下旬 / 例年の見頃時期:11月上旬~11月中旬 / 紅葉する木の種類:カエデ、イチョウ / 時間:9:00~16:30 / 料金:拝観料400円(本尊など堂内拝観料、入山料含む)、入山料100円(11月の紅葉見学)


鮮やかな木々に囲まれた縦走路を歩く「三郡山」

周辺にも沢山のスポットがあり訪れた人を楽しませる / 三郡山
周辺にも沢山のスポットがあり訪れた人を楽しませる / 三郡山画像提供:宇美町

三郡山の麓、標高300メートルにある一本松公園(昭和の森)は福岡県森林浴100選に選ばれており、11月上旬からモミジなどが色づき始める。山頂には一本松公園から約1時間半から2時間程でたどり着く。縦走路をゆっくり散策しながら鮮やかな木々を眺めることができる。モミジ、カエデ類、ハゼ、ヌルデ、コバノミツバツツジ、シラキ、コナラ、ブナ、アカメガシワ、アオハダ、コシアブラ、タカノツメ、ヤマボウシほか、紅葉する植物も多様で、例年、11月上旬から11月中旬頃にかけてが紅葉の見頃の時期となる。落ち葉のじゅうたんや眼前に広がる美しい紅葉を眺めながら、散策を楽しめるので、山歩きにはぴったり。一本松池周辺のヤマボウシの紅葉や草ヶ谷ダム周辺、縦走路、縦走路からの難所ヶ滝へのコースなどがおすすめだ。

【紅葉情報】例年の色づき始め:10月下旬 / 例年の見頃時期:11月上旬~11月中旬 / 紅葉する木の種類:モミジ、カエデ類、ハゼ、ヌルデ、コバノミツバツツジ、シラキ、コナラ、ブナ、アカメガシワ、アオハダ、コシアブラ、タカノツメ、ヤマボウシ、ほか


多種多様の木々が境内を真っ赤に染める「呑山観音寺」

多種多様の木々が境内や参道を真っ赤に染める / 呑山観音寺
多種多様の木々が境内や参道を真っ赤に染める / 呑山観音寺画像提供:呑山観音寺

福岡県にある、昔からのみやまさんの愛称で親しまれる高野山真言宗の別格本山。心願成就を祈願するため多くの人々が参拝に訪れる。秋は紅葉のスポットでもあり、10月下旬から境内や参道の多種多様の木々が紅葉し始め、11月に見頃を迎える。特に本数が多いのはモミジ、ドウダンツツジで共に約1000本ある。本堂へ向かう道中の階段の周囲を深紅のモミジが彩る様子が美しい。

2023年10月28日(土)から11月23日(祝)には紅葉まつりが開催され、多くの人でにぎわう。10月28日(土)には月例不動祭護摩法要、11月19日(日)には月例観音祭護摩法要が行われる他、紅葉の中での七五三祈願も執り行われ、子供たちの愛らしい姿を見ることができる。紅葉まつりの期間中は、瑜祇大宝塔を公開し、秋の特別拝観が行われる。

【紅葉情報】例年の色づき始め:10月下旬 / 例年の見頃時期:10月下旬~11月下旬 / 紅葉まつり:10月28日~11月23日(祝) 6:00~17:00※問合せ先:呑山観音寺(092-947-4423)/ 紅葉する木の種類:モミジ、ヤマザクラ、ドウダンツツジ、ハゼ、ケヤキ、コナラ


紅葉と神々に癒やされる「英彦山」

鳥居を彩る鮮やかな紅葉が見事だ / 英彦山
鳥居を彩る鮮やかな紅葉が見事だ / 英彦山画像提供:添田町役場

福岡と大分にまたがる英彦山は、古くから修験道の修行の場として栄えた日本屈指の霊山。英彦山神宮の奉幣殿から銅鳥居までの約800メートルの大門筋の両側にはかつて坊舎が建ち並び、中岳山頂に上宮社殿が建ち山頂に至る参道は良好に維持されている(※上宮は2025年末まで修復工事中で一部通行止め)。例年、10月下旬から11月中旬にかけて山頂付近からモミジやカエデなどが色付き始め、麓に行くほど遅れるため長い期間楽しめる。山頂からは雄大な展望が望め、眼下に広がる紅葉を眺めることができる。国指定名勝に指定されている旧亀石坊庭園は、雪舟の作庭と伝えられ、広さ約700平方メートルの池泉観賞式の庭園が魅力だ。

【紅葉情報】例年の色づき始め:10月下旬 / 例年の見頃時期:10月下旬~11月中旬※気象条件により前後する場合あり / 紅葉する木の種類:モミジ、カエデ、イチョウ


耳納連山と風格あるハゼ並木道「柳坂曽根の櫨並木」

約260本のハゼが美しく紅葉する / 柳坂曽根の櫨並木
約260本のハゼが美しく紅葉する / 柳坂曽根の櫨並木画像提供:公益財団法人 久留米観光コンベンション国際交流協会

「伊吉ハゼ」を中心に南北約1.2キロにわたり、約260本のハゼ並木が続く人気の紅葉スポット。新・日本街路樹100景に選ばれており、福岡県の天然記念物にも指定されている。2023年11月18日(土)から26日(日)までハゼ祭りが開催される。柳坂曽根のハゼは、江戸時代に照明用の蝋の原料として植樹されたもの。美しい景観が、11月には深い秋色に染まる。

【紅葉情報】例年の色づき始め:11月中旬 / 例年の見頃時期:11月下旬 / ハゼ祭り:2023年11月18日(土)~26日(日)※問合せ先:久留米市観光案内所(0942-33-4422) / 紅葉する木の種類:ハゼ


赤く色づいた紅葉に境内が覆われる「紅葉八幡宮」

秋になると境内に植えられた紅葉が真っ赤に色づく / 紅葉八幡宮
秋になると境内に植えられた紅葉が真っ赤に色づく / 紅葉八幡宮画像提供:紅葉八幡宮

室町時代に建立され、江戸時代には黒田藩(福岡藩)の守護神として、現在は早良の総守護として篤く崇敬をされている場所。御祭神、御利益が多く、地域の人々には紅葉八幡宮に参拝すれば、全国の大社にお参りしたのと同じ御利益があると慕われてきた。神社名の通り境内には多くの紅葉が植えられており、例年11月下旬には赤く色づき見頃を迎える。2023年11月18日(土)から26日(日)は、20:00まで境内の紅葉がライトアップされ、幻想的な景色を楽しめる。また、11月25(土)・26日(日)にはもみじ祭が開催され、ライトアップの他に限定御朱印や和傘飾りなどが境内を彩る。神社近くの商店街には安くておいしい店が多く、紅葉を見て商店街散策をするのも楽しみの一つだ。

【紅葉情報】例年の色づき始め:11月中旬 / 例年の見頃時期:11月下旬~12月中旬 / 紅葉八幡宮もみじ祭:2023年11月25日(土)・26日(日)、ライトアップ:11月18日(土)~26日(日) / 紅葉する木の種類:カエデ、イチョウ



※新型コロナウイルス感染対策の実施については個人・事業者の判断が基本となります。

情報は2023年10月25日 23:47時点のものです。おでかけの際はご注意ください。

福岡県の紅葉トピックス

福岡県のおすすめ紅葉スポットや見どころをご紹介

福岡県の紅葉Q&A

2023年の福岡県の紅葉見頃時期はいつ?

福岡県の紅葉見頃時期は例年11月上旬~12月上旬頃

福岡県の人気の紅葉スポットはどこ?

アクセス数の多い福岡県の人気紅葉スポットは、1位「竈門神社の紅葉」、2位「雷山千如寺大悲王院の紅葉」、3位「呑山観音寺の紅葉」(2024年6月14日更新)

「福岡県の紅葉名所人気ランキング」はこちら。

福岡県でおすすめのライトアップのある紅葉スポットはどこ?

福岡県でおすすめのライトアップのある紅葉スポットは、「竈門神社の紅葉」、「紅葉八幡宮の紅葉」、「皿倉山・皿倉山ケーブルカーの紅葉」

「福岡県でライトアップのある紅葉スポットおすすめ5選」

福岡県で紅葉祭りが楽しめるおすすめスポットはどこ?

福岡県で紅葉祭りが楽しめるおすすめスポットは、「呑山観音寺の紅葉」、「竈門神社の紅葉」、「紅葉八幡宮の紅葉」

「福岡県で紅葉祭りが楽しめる紅葉スポットおすすめ9選」

X(旧Twitter)でシェアFacebookでシェア

こだわり条件から福岡県の紅葉名所を探す

こだわり条件から九州の紅葉名所を探す

おすすめ情報

閲覧履歴

  • 最近見た紅葉スポットページはありません。