奈良県のおすすめ紅葉スポット8選!紅葉が彩る歴史ある寺社を鑑賞しよう

奈良県

10月も半ばを迎え、秋の気配を感じる頃になってきた。日本の秋の風物詩といえば紅葉だ。歴史と由緒ある寺社が数多く存在する奈良では、紅葉に彩られる荘厳な建物が鑑賞できる。今回はそのなかから、シカで有名な奈良公園をはじめ、特におすすめのスポットを8カ所紹介しよう。

奈良公園/見頃:11月上旬~12月上旬

シカが戯れる真紅の公園には紅葉の名所がたくさん
シカが戯れる真紅の公園には紅葉の名所がたくさん


広大な敷地内にはさまざまな種類の広葉樹があり、表情豊かな紅葉が楽しめる。なんといっても、木々の下に群れ遊ぶシカは、奈良公園でしか見られない光景だ。紅葉の名所となっている社寺や文化施設も隣接し、古都らしい情緒あふれる景観が広がる。公園東側にそびえる、高さ342メートルの若草山へのハイキングもおすすめだ。

■住所:奈良市登大路町ほか 時間:園内見学自由 休み:なし 料金:なし

興福寺/見頃:11月中旬〜12月上旬

水面上に映る、紅葉と五重の塔が織り成す秋の景色
水面上に映る、紅葉と五重の塔が織り成す秋の景色


藤原鎌足私邸に建立された山階寺が前身。710年、平城遷都に伴い藤原不比等によって現在地に移転し、その際に興福寺と名付けられた。境内には光明皇后創建とされる五重塔や北円堂などの国宝建築物が立ち並び、各所で秋景色が見られる。2018年には、掲題の中心に中金堂が再建され話題に。さらに、10月24日(土)〜11月23日(祝)には中金堂の拝観が再開され、厨子入り吉祥天倚像を特別に公開。通常拝観は期間後も継続する。

新型コロナウイルス感染症防止対策

・(アルコール等)消毒液の設置
・換気の徹底
・(混雑時等の)入場・鑑賞制限
・清拭消毒
・アクリル板・ビニールカーテン等の仕切り設置
・従業員・スタッフの手洗い・消毒の徹底
・従業員・スタッフのマスク着用
・社会的距離(ソーシャルディスタンス)確保の施策
・3密回避の呼びかけ

■住所:奈良市登大路町48 時間:境内見学自由 休み:なし 料金:境内無料

春日大社/見頃:11月下旬〜12月上旬

朱塗りの御廊に紅葉が映える世界遺産の古社
朱塗りの御廊に紅葉が映える世界遺産の古社


全国3000社以上と言われる春日神社の総本社で、世界遺産にも登録されている。創建以来ほぼ20年ごとの社殿の造替や、御神宝を新調する「式年造替(しきねんぞうたい)」が2016年に行われ、美しく修繕された中門や御廊の朱色に、鮮やかな黄色のイチョウが映える。国宝殿に併設される「春日大社カフェ・ショップ鹿音」で食事やお茶を楽しむのもおすすめ。

新型コロナウイルス感染症防止対策

・(アルコール等)消毒液の設置
・換気の徹底
・(混雑時等の)入場・鑑賞制限
・清拭消毒
・観覧者のマスク着用の義務化
・アクリル板・ビニールカーテン等の仕切り設置
・従業員・スタッフの手洗い・消毒の徹底
・従業員・スタッフのマスク着用
・社会的距離(ソーシャルディスタンス)確保の施策
・3密回避の呼びかけ

■住所:奈良市春日野町160 時間:6:30~17:30、11月~2月 7:00~17:00 休み:なし 料金:無料(御本殿前 特別参拝初穂料500円、国宝殿 拝観料500円)

吉野山/見頃:10月下旬〜11月下旬

世界遺産の山を彩る神秘的な紅葉
世界遺産の山を彩る神秘的な紅葉


山全体が世界遺産に登録されているスポット。日本有数の桜の名所で知られており、秋にはその桜をはじめとする木々が色付いて、一面が紅葉に覆われる。山全体を見渡すことができる花矢倉展望台はじめ、数ある絶景スポットを見逃すことなく散策したい。ロープウェイは紅葉期や観桜期は毎日、オフシーズンは金・土・日・月曜に運行している。

新型コロナウイルス感染症防止対策

・(アルコール等)消毒液の設置
・換気の徹底
・従業員・スタッフの手洗い・消毒を徹底
・従業員・スタッフのマスク着用

■住所:吉野郡吉野町吉野山 時間:山内散策自由 休み:なし 料金:山内無料 ライトアップ期間:11月1日(日)~30日(月)

室生(むろう)寺/見頃:11月中旬~12月上旬

国宝・金堂と紅葉が見事に共演
国宝・金堂と紅葉が見事に共演


屋外に立つ国内最小の五重塔が有名。紅葉の時期の情景はひと際美しく、入口の太鼓橋から五重塔までの参道、金堂へ向かう鎧坂など見どころが多数ある。

新型コロナウイルス感染症防止対策

・換気の徹底
・(混雑時等の)入場・鑑賞制限
・アクリル板・ビニールカーテン等の仕切り設置
・従業員・スタッフの手洗い・消毒の徹底
・従業員・スタッフのマスク着用

■住所:宇陀市室生78 時間:~11月30日(月) 8:30~17:00、12月1日(火)~ 9:00~16:00 ※宝物殿 9:00~16:00(最終入館15:30) 休み:なし 料金:600円、子供400円(宝物殿拝観料 400円、未就学児無料)

談山(たんざん)神社/見頃:11月中旬~12月上旬

「関西の日光」と称される神社
「関西の日光」と称される神社


木造としては唯一現存する十三重塔や楼門、本殿など、華麗な社殿が立ち並ぶ。「関西の日光」とも呼ばれるほどの、約3000本ものカエデに包まれた美しい秋の情景が有名。燃えるようなカエデが壮麗な朱塗りの十三重塔に華を添える景色に、魅了されること間違いなしだ。

新型コロナウイルス感染症防止対策

・(アルコール等)消毒液の設置
・換気の徹底
・従業員・スタッフの手洗い・消毒の徹底

■住所:桜井市多武峰319 時間:8:30~17:00(最終受付16:30) 休み:なし 料金:600円 ライトアップ期間:11月13日(金)~29日(日)(予定) 

信貴山 朝護孫子寺(ちょうごそんしじ)/見頃:11月上旬~12月上旬

由緒ある寺院でライトアップを堪能
由緒ある寺院でライトアップを堪能


聖徳太子の創建と伝えられている歴史ある寺院。秋になると境内全域と周囲の山々が紅葉する。伽藍が連なる境内を中心に、山全体を色とりどりの木々が彩る景色に酔いしれて。シーズン中は境内の約2000基の石灯籠に火がともされ、神秘的な景色も楽しめる。

新型コロナウイルス感染症防止対策

・(アルコール等)消毒液の設置
・換気の徹底
・(混雑時等の)入場・鑑賞制限
・アクリル板・ビニールカーテン等の仕切り設置
・従業員・スタッフの手洗い・消毒の徹底
・従業員・スタッフのマスク着用

■住所:生駒郡平群町信貴山2280-1 時間:境内見学自由 休み:なし 料金:無料 灯籠・街灯点灯期間:通年

奈良県立竜田公園/見頃:11月中旬~12月上旬

歌人もたたえた紅葉の名所を散策
歌人もたたえた紅葉の名所を散策


古くから紅葉の名所として親しまれ、平安歌人の在原業平や能因法師の和歌にゆかりのあるとされる竜田川。2キロの川のほとりは県立公園に指定されている。遊歩道を歩きながら深まる秋を感じ、紅葉観賞を満喫しよう。また、桜の名所としても知られており、春にも多くの人が訪れる。

新型コロナウイルス感染症防止対策

・3密回避の呼びかけ

■住所:生駒郡斑鳩町稲葉車瀬2-553 時間:園内散策自由 休み:なし 料金:無料

この先訪れる、奈良の数多くの名所が紅葉で華やぐ秋。美しい景観が魅力のこの季節に、ぜひ奈良を訪れてみよう。

※情報は関西秋Walker2019より、2020年9月時点の最新情報に更新

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

情報は2020年10月22日 15:07時点のものです。おでかけの際はご注意ください。
TwitterでシェアFacebookでシェア

おすすめ情報

閲覧履歴

  • 最近見た紅葉スポットページはありません。