大野寺弥勒磨崖仏の紅葉情報

このページをスマホで見る

奈良県宇陀市 / 大野寺弥勒磨崖仏

岩壁の弥勒磨崖仏を彩る紅葉

役行者が開き、天長元年(824)、弘法大師によって堂宇が建立されたとも伝えられる大野寺は、室生寺の西門と呼ばれている。宇陀川を挟んで対岸の高さ約30mの大岩壁に弥勒磨崖仏が線刻されており、13.8mと国内で最も高い磨崖仏だ(国史跡)。山の中なので周囲には木々が生い茂り、苔むしている。11月中旬から下旬頃にはイチョウモミジなどが色づき、夕日に照らされながら眺める紅葉も格別。

見どころ

大野寺の境内から清流を隔てて眺める、紅葉に包まれた弥勒磨崖仏は見応えがある。

  • 現在の色づき状況や紅葉イベントの開催情報は、事前に問い合わせ先までお尋ねのうえおでかけください。

  • 今日 23℃15℃
  • 明日 25℃14℃

天気情報提供元:株式会社ライフビジネスウェザー

※「行ってみたい」「行ってよかった」の投票は、24時間ごとに1票、最大20スポットまで可能です
※ 掲載内容は取材時点の情報です。掲載内容は状況により変更になる可能性があります。最新情報は、公式サイト等でご確認ください。
※ 新型コロナウイルス感染対策の実施については個人・事業者の判断が基本となります。
※ 表示料金は消費税10%の内税表示です。
※ 掲載されている画像は施設管理者、もしくは取材先から紅葉特集への掲載の許諾をいただき、提供されたものとなります。

同じ条件の紅葉名所を探す

紅葉名所一覧に戻る

大野寺弥勒磨崖仏の紅葉Q&A

大野寺弥勒磨崖仏の紅葉の見頃時期はいつからいつまで?

例年の見頃時期は11月中旬~下旬

大野寺弥勒磨崖仏の紅葉のその他の詳細情報を見る

大野寺弥勒磨崖仏の紅葉を見に行くアクセス方法は?

交通アクセス:【電車】近鉄室生口大野駅から徒歩5分

大野寺弥勒磨崖仏の紅葉の地図・アクセス情報を見る

大野寺弥勒磨崖仏の紅葉:駐車場はある?

あり。

大野寺弥勒磨崖仏の紅葉の地図・アクセス情報を見る

大野寺弥勒磨崖仏の紅葉の見どころは?

大野寺の境内から清流を隔てて眺める、紅葉に包まれた弥勒磨崖仏は見応えがある。

大野寺弥勒磨崖仏の紅葉のその他の詳細情報を見る

X(旧Twitter)でシェアFacebookでシェア

表記に関する説明

  • 青葉

  • 色づき始め

  • 今見頃

  • 色あせ始め

  • 落葉

こだわり条件から奈良県の紅葉名所を探す

こだわり条件から関西の紅葉名所を探す

おすすめ情報

閲覧履歴

  • 最近見た紅葉スポットページはありません。