白毫寺の紅葉情報

赤く色付いたモミジとムクロジの葉の黄色が鮮やか

白毫寺の紅葉
太鼓橋を背景に真っ赤に染まったモミジ
本ページ記載の内容は2018年のものです。順次更新しております。

山紫水明の環境に囲まれた白毫寺の境内には、人間の世界と仏の世界を結ぶといわれる太鼓橋があり、橋下には数百尾のニシキゴイやマゴイが悠々と泳ぐ心字池がある。このあたりは、4月の桜に始まり、藤、セッコク、睡蓮、ハスと四季の花々が楽しめる。秋を迎えると真っ赤に染まったモミジに、ムクロジの葉が黄色のアクセントを加え、錦織りなす光景を眺められる。

※「行ってみたい」「行ってよかった」の投票は、24時間ごとに1票、最大20スポットまで可能です
  • 今日 34℃26℃
  • 明日 33℃26℃

白毫寺の紅葉 情報

紅葉情報

スポット名 白毫寺
例年の色づき始め 11月上旬
例年の紅葉見頃 11月初旬~11月下旬
紅葉祭り ×
紅葉する木の種類 ノムラモミジ、ヤマモミジ、ムクロジ
おすすめスポット 白毫寺境内
時間 入場時間8:30~17:00
料金 志納金 大人300円、高校生以下、障害者無料
その他・全体備考 期間は例年の見頃。気象条件により前後する場合あり

スポット情報

住所 兵庫県丹波市市島町白毫寺709 MAP
アクセス 【電車】JR市島駅からタクシーに乗り約8分 【車】舞鶴若狭自動車道春日ICから約10分
駐車場 ○110台無料普通車100台、大型車10台
お問い合わせ 0795-85-4187
HP 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※ 表示料金は消費税8%ないし10%の内税表示です。詳細につきましては、施設および店舗・主催者および運営者へお問い合わせをお願いします。
※ 紅葉の色づき状況は日々変わっていきますので、現在の色づき状況や紅葉イベントの開催情報は、問い合わせ先までお尋ねのうえおでかけください。

表記に関する説明

表記に関する説明