高野山の紅葉情報

平安時代から歴史が続く山上の聖地

高野山の紅葉
1200年の歴史を持つ高野山には神秘的な空気が漂う
画像提供:総本山金剛峯寺

平安時代の始め、弘法大師によって開かれた日本仏教の聖地。「一山境内地(いっさんけいだいち)」といわれる高野山は、山全体を総本山金剛峯寺という大きな寺に見立てており、山の至る所が寺であり境内である。山内には総本堂となる金堂がある他、117カ寺が点在し、そのうちの52カ寺は宿坊である。例年10月下旬から11月上旬頃になると、金剛峯寺から壇上伽藍に通じる蛇腹路(じゃばらみち)では紅葉のトンネルが現れくぐり抜けることができる。

見どころ

蛇腹路では10月上旬から11月中旬頃まで17:30から紅葉のライトアップも実施。

※「行ってみたい」「行ってよかった」の投票は、24時間ごとに1票、最大20スポットまで可能です
  • 今日 24℃19℃
  • 明日 24℃18℃

高野山の紅葉 情報

紅葉情報

スポット名 高野山
例年の色づき始め 10月上旬
例年の紅葉見頃 10月下旬11月上旬
紅葉祭り ×
紅葉する木の種類 モミジ、カエデ、イチョウ
おすすめスポット 壇上伽藍 蛇腹路(じゃばらみち)
時間 金剛峯寺:8:30~17:00(最終受付は16:30)、金堂:8:30~17:00、大塔:8:30~17:00、霊宝館:(5月~10月)8:30~17:30(最終受付は17:00)、(11月~4月)8:30~17:00(最終受付は16:30)
料金 拝観料 金剛峯寺:一般(中学生以上)500円、小人(小学生)200円、未就学児は無料。金堂:一般(中学生以上)200円、小学生以下無料。大塔:一般(中学生以上)200円、小学生以下無料。霊宝館:一般600円、高校生・大学生350円(学生証の提示が必要)、小中学生250円、未就学児無料。

スポット情報

住所 和歌山県伊都郡高野町高野山132 MAP
アクセス 【電車】南海高野線極楽橋駅から南海高野山ケーブルで高野山駅下車、南海りんかんバスに乗り、金剛峯寺前停留所下車、徒歩すぐ 【車】京奈和自動車道紀北かつらぎICから約45分
駐車場 ○600台無料
お問い合わせ 0736-56-2011 総本山 金剛峯寺
備考 紅葉の場所は入場無料。各施設拝観は有料。詳細は、公式サイトを確認または電話で問合わせのこと。
HP 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※ 表示料金は消費税8%ないし10%の内税表示です。詳細につきましては、施設および店舗・主催者および運営者へお問い合わせをお願いします。
※ 紅葉の色づき状況は日々変わっていきますので、現在の色づき状況や紅葉イベントの開催情報は、問い合わせ先までお尋ねのうえおでかけください。

表記に関する説明

表記に関する説明

和歌山県の紅葉名所を探す

関西の紅葉名所を探す

おすすめ情報