醒井養鱒場の紅葉情報

1878年に設立された日本最古の養鱒場

1878年に設立された日本でもっとも歴史のあるマス類の増養殖施設の一つ。養鱒場を取り巻く環境は、深山幽谷として自然景観に恵まれ、霊仙山(1094m)山麓の鍾乳洞から湧き出る清水を使ってイワナやアマゴ、ニジマス、ビワマスが育てられ、「日本の渓流魚の里」となっている。秋には、名勝・醒井峡谷の紅葉を愛でながら、見て・触れて・食べて楽しめる「紅葉ます祭」を開催。ビワマス料理などの飲食ブース、釣りや魚すくいの体験コーナーなどで賑わう。

※「行ってみたい」「行ってよかった」の投票は、24時間ごとに1票、最大20スポットまで可能です
  • 今日 12℃8℃
  • 明日 14℃6℃

醒井養鱒場の紅葉 情報

紅葉情報

スポット名 醒井養鱒場
例年の色づき始め 11月上旬
例年の紅葉見頃 11月上旬11月中旬
紅葉祭り ○ 2019年11月17日(日) 紅葉ます祭
紅葉する木の種類 モミジ、イチョウ、桜
おすすめスポット 場内一円
時間 入場時間 8:30~17:00
料金 入場料 大人500円、高校・大学生300円、小学生・中学生は無料。30名以上団体割引有り

スポット情報

住所 滋賀県米原市上丹生1570 MAP
アクセス 【電車】JR醒ケ井駅から徒歩60分 【車】北陸自動車道米原ICから約10分または名神高速道路関ヶ原ICから約20分
駐車場 ○200台普通車400円、マイクロバス1000円、大型バス1500円200台(普通車)20台(大型バス)
お問い合わせ 0749-54-0301
HP 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※ 表示料金は消費税8%ないし10%の内税表示です。詳細につきましては、施設および店舗・主催者および運営者へお問い合わせをお願いします。
※ 紅葉の色づき状況は日々変わっていきますので、現在の色づき状況や紅葉イベントの開催情報は、問い合わせ先までお尋ねのうえおでかけください。

醒井養鱒場の紅葉から行ける立ち寄り施設

こだわり条件から滋賀県の紅葉名所を探す

こだわり条件から関西の紅葉名所を探す

おすすめ情報