東京都の「例年12月が見頃」の紅葉情報

例年10月下旬~12月上旬頃が見頃になる東京都の紅葉スポットの中から「例年12月が見頃」の紅葉名所(35件)をエリア順で紹介します。

エリアを選択
例年の見頃時期を選ぶ
※各紅葉名所の「例年の紅葉見頃」に基づいた一覧です。今年の色づき情報とは異なる場合がありますのでご注意ください。
東京都の「例年12月が見頃」の紅葉情報35件ヒットしました
全 35 件中  1 〜 10 件

11月下旬~12月におすすめの東京都内のおすすめ紅葉スポット

人気の東京都の紅葉から、例年11月下旬~12月上旬に見頃となる名所を紹介。

明治神宮外苑(見頃:11月下旬~12月上旬)

明治神宮外苑(東京都港区)
約300m続くイチョウのトンネルに感動!

約300メートル続く146本の並木による、通称「黄金ロード」と呼ばれるイチョウトンネルで知られる明治神宮外苑。青山通りから聖徳記念絵画館に向けて、徐々に低くなるようにイチョウが植えられており、絵画館の姿が雄大に見えるように工夫されている。写真を撮るなら、青山通り側からがベター。

小石川後楽園(見頃:11月下旬~12月上旬)

小石川後楽園(東京都文京区)
大堰川周辺は、小石川後楽園のなかでも特におすすめの紅葉スポット

国の特別史跡・特別名勝に指定される都内屈指の名園。大泉水や円月橋など見どころが多く、イロハモミジやハゼなど、園内各所で趣のある紅葉を楽しめる。紅葉林や通天橋など名所が多いが、おすすめは大堰川周辺。色づいたイロハモミジは必見。

殿ヶ谷戸庭園(見頃:11月中旬~12月上旬)

小石川後楽園(東京都文京区)
紅葉と池のコントラストを楽しむ

段丘にできた谷の地形を利用した回遊式林泉庭園。高低差を生かした独特な造園手法が特徴で、約200本植えられたイロハモミジの絶景でも知られる。数寄屋造りの茶室・紅葉亭から見下ろすイロハモミジの紅葉と池のコントラストが絶景。

国営昭和記念公園(見頃:11月上旬~下旬)

黄金色のイチョウ並木が園内を鮮やかに彩る

都内にいながらにして、豊かな自然と触れ合える国営昭和記念公園(東京都立川市)。敷地面積は180万平方メートルを誇り、秋になると広大な園内が紅葉で彩られる。2か所あるイチョウ並木が見どころで、合わせて約200本の黄金のトンネルが絶景。日本庭園のカエデ、こどもの森のメタセコイアなど多彩な紅葉を楽しめる。9月中旬~10月下旬には、園内3か所の花畑に約550万本のコスモスが美しく咲き誇る。

高尾山(見頃:11月中旬~下旬)

高尾山(東京都八王子)
山頂やケーブルカーの車内から、鮮やかな紅葉を望むことができる

ケーブルカーで清滝駅から高尾山駅まで登り、車内から眺める紅葉が見事。山頂のもみじ台からの紅葉も素晴らしく、日帰り温泉やミュージアム、レストランなど周辺スポットも豊富で一日を通して楽しめる。高尾山薬王院には天狗伝説にちなんだ天狗像が立つ。境内の紅葉と天狗像のコラボは珍しく、SNS映え間違いなし!

御岳渓谷(見頃:11月上旬~下旬)

御岳渓谷(東京都青梅市)
都心から気軽に足を運べる御岳渓谷。日本画のような美景に酔いしれよう

「日本の名水100選」に選ばれた清流と相まって、渓谷に色づいた紅葉は日本画のような美しさだ。黄金色に輝く玉堂美術館前の大イチョウが必見。11月には、樹齢70年、樹高30メートルの雄大な大イチョウの姿を幻想的に映し出すライトアップも行われる予定。

こだわり条件から東京都の紅葉名所を探す

こだわり条件から関東の紅葉名所を探す

おすすめ情報