茨城のおすすめ紅葉スポット2選!川のせせらぎに耳を傾けながら紅葉狩り

茨城県

9月に入り、そろそろ秋の気配を感じたい頃になってきた。日本の秋の風物詩といえば紅葉だ。茨城県には、清流を覆うかのように紅葉が広がるスポットや名瀑とのコントラストが楽しめるスポットなど、いくつもの紅葉スポットがある。今回はそのなかから特におすすめの紅葉名所を、2カ所厳選してご紹介。

花園渓谷/見頃:11月上旬~下旬

【写真】渓谷を真っ赤に彩る一面の美麗なヤマモミジ
【写真】渓谷を真っ赤に彩る一面の美麗なヤマモミジ


花園花貫県立自然公園に指定されている自然豊かな渓谷。秋の紅葉スポットとしてはもちろん、春のシャクナゲや初夏の新緑も有名で、四季を通じて楽しむことができる。特に、ナラ、カエデ、イヌブナ、ヤマモミジなどが色づくさまは美しく、赤や黄色に染まった葉が舞い落ちて渓流をすべる様子は、秋の風情を感じることができ、絶好のフォトスポットとなっている。道幅が狭い箇所もあるので通行には注意が必要。

花園渓谷の近くに位置する花園神社および花園もーるでは、11月上旬から下旬にかけライトアップイベントを開催予定。夜空に浮かぶ真っ赤な紅葉は必見。

■住所:茨城県北茨城市華川町花園 時間:見学自由 休み:なし 料金:無料 駐車場:あり(花園神社約60台、花園もーる16台)

袋田の滝/見頃:11月上旬~中旬

西行法師もたたえた日本屈指の名瀑
西行法師もたたえた日本屈指の名瀑


日本三名瀑の一つで、4段に落下することから「四度の滝」とも呼ばれる。四季折々に姿を変えるが、紅葉の美しさは西行法師もたたえたほど有名。秋から冬にかけてライトアップを実施。紅葉や冬の「氷瀑」など、幻想的な風景は必見だ。※ライトアップの実施については、大子町観光協会へお問い合わせください。

新型コロナウイルス感染症防止対策

・(アルコール等)消毒液を設置
・換気の徹底
・(混雑時等の)入場・鑑賞制限
・清拭消毒
・観覧者のマスク着用を義務
・アクリル板・ビニールカーテン等の仕切りを設置
・従業員・スタッフの手洗い・消毒を徹底
・従業員・スタッフのマスク着用
・社会的距離(ソーシャルディスタンス)確保の施策
・三密回避の呼びかけ
・エレベーターの最大乗員数を制限

■住所:茨城県久慈郡大子町袋田 時間:8:00~18:00(11月~4月は9:00~17:00) 休み:なし 料金:大人300円、小・中学生150円

圧巻の美景から望む紅葉が印象的な茨城県内の紅葉。見頃は11月上旬からなので、あらかじめ計画を立てて紅葉狩りに行こう。

※情報は秋Walker首都圏版2019より、2020年9月時点の最新情報に更新

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

情報は2020年10月22日 15:05時点のものです。おでかけの際はご注意ください。
TwitterでシェアFacebookでシェア