四国でライトアップのある紅葉スポットおすすめ7選

四国

木々が鮮やかな色づく紅葉シーズンが到来。今回は四国のライトアップのある紅葉スポットの中から「ウォーカープラス・紅葉特集」でアクセス数の多い人気のおすすめ7スポットをご紹介。2022年の紅葉スポット探しの参考にしてみて。(集計期間:2022年11月20日~2022年12月3日)

※イベントが中止になっている場合があります。また、開催時間や施設の営業時間等が変更されている場合があります。ご利用の際は事前にご確認のうえ、おでかけください。

特別名勝 栗林公園の紅葉/香川県高松市

特別名勝 栗林公園の紅葉
南湖 楓岸の紅葉は絶景画像提供:香川県栗林公園観光事務所

江戸時代、高松藩の歴代藩主により100年余りの歳月をかけ完成した庭園。国の特別名勝に指定されており、日本を代表する大名庭園として国内外から高い評価を得ている。秋の紅葉の時期も見応えがあり、湖に映った紅葉と庭園のコントラストは必見。例年、11月下旬から12月上旬頃にかけてが、紅葉の見頃の時期となる。

見どころ

2022年11月18日(金)から11月27日(日)の期間には、ライトアップを実施。光を浴びて黄金に輝く紅葉は壮観だ。

例年の色付き始め 11月上旬
例年の紅葉見頃 11月下旬12月上旬日付は例年の見頃。気象条件により前後する場合あり。ライトアップは2022年11月18日(金)~11月27日(日)
紅葉する木の種類 タカオカエデ、ハゼノキ、イチョウ

現在の色づき状況や紅葉イベントの開催情報は、事前に問い合わせ先までお尋ねのうえおでかけください。

特別名勝 栗林公園の紅葉の色づき状況

色あせ始め

紅葉色づき情報提供元:JRシステム

白滝公園の紅葉/愛媛県大洲市

白滝公園の紅葉
公園最大の雌滝は約60mの大迫力の水量画像提供:白滝商工観光連盟事務局

愛媛県にある白滝公園は秋の紅葉の時期も美しく、詩人・野口雨情が「秋の白滝 木と木のもみじ 山に錦の幕をはる」と称賛した紅葉と、7つの滝の渓谷美が最大の見どころ。園内には30分ほどで往復できる遊歩道が整備されている。白滝商店街から公園の中腹にある「るり姫親子観音像」までの約1kmの区間は、「かわいい夢わらべロード」として160体以上の陶人形・夢わらべたちが置かれている。例年、11月中旬から12月上旬頃にかけてが、紅葉の見頃の時期となる。

見どころ

2022年11月1日(火)から12月4日(日)の期間は、白滝もみじフェスティバルが開催。11月20日(日)は滝まつり(子どもみこし)、11月23日(祝)にはるり姫まつり(稚児行列)が行われる。また11月12日(土)から12月4日(日)の土日祝には白滝公園入口観光案内所が開設され、10月30日(日)から12月4日(日)の17:00から20:00には公園内ライトアップも実施。

例年の色付き始め 11月中旬
例年の紅葉見頃 11月中旬12月上旬日付は例年の見頃。気象条件により前後する場合あり。
紅葉する木の種類 ノムラモミジ、カエデ

現在の色づき状況や紅葉イベントの開催情報は、事前に問い合わせ先までお尋ねのうえおでかけください。

白滝公園の紅葉の色づき状況

落葉

紅葉色づき情報提供元:JRシステム

松山城の紅葉/愛媛県松山市

松山城の紅葉
天守を背景にした紅葉や天守からの眺望が楽しめる画像提供:松山城総合事務所

松山市の中心地、標高132mの勝山山頂にあり、加藤嘉明によって1602(慶長7)年より築城開始された。乾櫓(いぬいやぐら)や野原櫓、隠門などは創建当時からあり、現在21棟の建造物が重要文化財に指定されている。現存する天守は1852(嘉永5)年に再建されたもので、最上階からは瀬戸内海や石鎚山などを見渡すことができ、眺望も楽しめる。松山城の樹木は常緑広葉樹林で、紅葉する落葉樹は少ないが、城山に点々と紅葉を交えた、緑と紅葉の織りなす美しさを見ることができる。

見どころ

城内には紅葉する樹木は少ないが、現存する天守の白色と常緑の樹木との美しいコントラストが見どころ。天守最上階からは絶景を堪能できる。また、2022年11月19日(土)から23日(祝)の期間中、山麓にある松山城二之丸史跡庭園にて紅葉のライトアップイベントを予定。

例年の色付き始め 11月中旬
例年の紅葉見頃 11月下旬12月上旬日付は例年の見頃。気象条件により前後する場合あり
紅葉する木の種類 モミジ、ハゼ、アベマキ、ヤマウルシ、コナラ、クヌギ

現在の色づき状況や紅葉イベントの開催情報は、事前に問い合わせ先までお尋ねのうえおでかけください。

松山城の紅葉の色づき状況

今見頃

紅葉色づき情報提供元:JRシステム

松山城二之丸史跡庭園の紅葉/愛媛県松山市

松山城二之丸史跡庭園の紅葉
池周辺からの眺めは絶景画像提供:松山市 観光・国際交流課

二之丸史跡庭園は、松山城二之丸跡の敷地を整備し1992年5月に開園。昔の部屋の間取りを表現した流水園や大井戸遺構があり、2013年10月には「恋人の聖地」に認定された。色鮮やかなヤマモミジの紅葉は、庭園の和の風情と見事に調和し、デートスポットや婚礼の前撮り写真(和装)の背景としても人気がある。

見どころ

毎年11月中旬から下旬に見頃を迎える紅葉の時期には、紅葉のライトアップ「二之丸 光の庭園」が開催されており、2022年は11月19日(土)~23日(祝)の17:00~21:00に実施する(札止めは20:30)。城山山頂にある松山城のライトアップとの相乗効果で、普段は見ることができない夜の庭園の幻想的で美しい景色が楽しめる。

例年の色付き始め 11月上旬
例年の紅葉見頃 11月中旬11月下旬日付は例年の見頃。気象条件により前後する場合あり
紅葉する木の種類 ヤマモミジ

現在の色づき状況や紅葉イベントの開催情報は、事前に問い合わせ先までお尋ねのうえおでかけください。

祖谷のかずら橋の紅葉/徳島県三好市

祖谷のかずら橋の紅葉
川のせせらぎと共に広がる紅葉が楽しめる画像提供:三好市観光協会

平家の落人が追手から逃れるため、切り落とせるように作られたとも伝えられる、秘境・祖谷にあるかずら橋。シラクチカズラ(重さ約5t)で作られており、長さ45m、幅2m、水面上14mある、国指定重要有形民俗文化財である。鮮やかに色づき広がる木々の間をかずら橋が繋ぐように伸び、足元は透き通る川がよく見えスリルがある。例年11月上旬から中旬にかけてが紅葉の見頃。

見どころ

毎日19:00~21:30にはライトアップを実施、橋の周囲は幻想的な風景に包まれる。

例年の色付き始め 11月上旬
例年の紅葉見頃 11月上旬11月中旬日付は例年の見頃。気象条件により前後する場合あり
紅葉する木の種類 モミジ、カエデ

現在の色づき状況や紅葉イベントの開催情報は、事前に問い合わせ先までお尋ねのうえおでかけください。

祖谷渓の紅葉/徳島県三好市

祖谷渓の紅葉
小便小僧のそばは断崖絶壁で迫力満点画像提供:三好市観光協会

四国山脈を祖谷川によって深く切れ込まれてできた渓谷で、池田町松尾地区から西祖谷山村を縦断している。谷底から峰まで全山紅葉する姿は絶景で、祖谷街道(県道32号線)から眺めることもできる。渓谷沿いには断崖絶壁にある巨岩の上に小便小僧の像が立つ小便岩付近の大断壁(池田町)や、さらに奥に進んだところには、平家一族の哀話を秘める祖谷のかずら橋(西祖谷山村)があり、見所が多い。

見どころ

祖谷のかずら橋では毎日19:00~21:30にライトアップを実施。光で照らされるさまは必見だ。

例年の色付き始め 10月下旬 ※祖谷のかずら橋は11月上旬
例年の紅葉見頃 10月下旬11月中旬日付は例年の見頃。気象条件により前後する場合あり
紅葉する木の種類 モミジ、カエデ、ウルシ、ブナ、ケヤキ

現在の色づき状況や紅葉イベントの開催情報は、事前に問い合わせ先までお尋ねのうえおでかけください。

国民宿舎「古岩屋荘」・岩屋寺周辺の紅葉/愛媛県上浮穴郡久万高原町

国民宿舎「古岩屋荘」・岩屋寺周辺の紅葉
礫岩峰の麓が紅葉で彩られる画像提供:久万高原町観光協会

巨大な岩壁が続く国指定名勝の古岩屋。長年の水の浸食により剥きだしになった礫岩には無数の穴があり、岩肌にはイワマツやセッコク、ウチョウランなど希少な植物が自生する。周辺の森林内を散策できる遊歩道が整備されており、紅葉狩りの名所として親しまれている。

見どころ

古岩屋から少し離れた場所にある四国霊場第45番札所「岩屋寺」でも、礫岩峰と紅葉のコントラストが楽しめる。

例年の色付き始め 11月上旬
例年の紅葉見頃 11月中旬期間は例年の見頃。気象条件により前後する場合あり
紅葉する木の種類 モミジ、カエデ、他

現在の色づき状況や紅葉イベントの開催情報は、事前に問い合わせ先までお尋ねのうえおでかけください。

国民宿舎「古岩屋荘」・岩屋寺周辺の紅葉の色づき状況

落葉

紅葉色づき情報提供元:JRシステム

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

【エリア別】ライトアップのあるおすすめ紅葉スポット
TwitterでシェアFacebookでシェア

表記に関する説明

  • 青葉

  • 色づき始め

  • 今見頃

  • 色あせ始め

  • 落葉

おすすめ情報

閲覧履歴

  • 最近見た紅葉スポットページはありません。