響渓谷の紅葉情報

迫力ある岸壁と紅葉のコントラスト

響渓谷の紅葉
紅葉を見に多くの観光客が訪れる
画像提供:日田市役所商工観光部観光課

「小耶馬溪」とも呼ばれる響渓谷(ひびきけいこく)は、紅葉の名所としても知られている。切り立った岩を鮮やかな紅葉が彩り、秋ならではの壮観な絶景を楽しむことができるため、毎年たくさんの観光客が訪れる。紅葉したモミジと深緑の木々、そして白い岩肌のコントラストで織りなす風景は見事。また、「奥日田温泉うめひびき」からの景観が特に素晴らしいと評判で、露天風呂で赤く色づく紅葉を堪能することができるので、人気が高い。

見どころ

例年の見頃である11月中旬になると山一面が紅葉のグラデーションに染まり、雄大な自然を感じることができる。

※「行ってみたい」「行ってよかった」の投票は、24時間ごとに1票、最大20スポットまで可能です
  • 今日 22℃18℃
  • 明日 25℃19℃

響渓谷の紅葉 情報

紅葉情報

スポット名 響渓谷
例年の色づき始め 11月上旬~11月中旬
例年の紅葉見頃 11月中旬11月下旬
紅葉祭り ×
紅葉する木の種類 モミジ

スポット情報

住所 大分県日田市大山町西大山 MAP
アクセス 【車】大分自動車道日田ICから約25分
駐車場 ×
お問い合わせ 0973-22-2036 大分県日田市観光協会
※ 表示料金は消費税8%ないし10%の内税表示です。詳細につきましては、施設および店舗・主催者および運営者へお問い合わせをお願いします。
※ 紅葉の色づき状況は日々変わっていきますので、現在の色づき状況や紅葉イベントの開催情報は、問い合わせ先までお尋ねのうえおでかけください。

表記に関する説明

表記に関する説明

大分県の紅葉名所を探す

九州の紅葉名所を探す

おすすめ情報