西田家庭園 玉泉園の紅葉情報

このページをスマホで見る

石川県金沢市 / 西田家庭園 玉泉園

400年前より受け継がれる、加賀藩ゆかりの庭園

金沢市の兼六園のすぐ近くに位置する庭園で、その歴史は400年ほど前にさかのぼる。江戸時代初期に加賀藩の上級武士だった脇田家の初代が造り始め、四代にわたりで約100年を費やして完成させたもの。総面積は約2370平方メートル(約720坪)あり、日本国内でも6例しか確認されていない幻の様式、上下2段式の池泉回遊式庭園を用いているため起伏に富んだ景観美が特徴だ。鑑賞することに重きを置いた庭園なので、座敷に座って全景を眺めた時、最も美しく見えるように池や石、滝などが配されている。紅葉する木々の種類の多さが特徴。園内には樹齢400年超といわれる朝鮮五葉松(チョウセンゴヨウマツ)や凌霄花(ノウゼンカズラ)、(カエデ)、檜葉(ヒバ)などが名園の変遷を物語っている。

見どころ

玉泉園の名は加賀藩2代藩主前田利長の正室玉泉院に由来している。兼六園の樹木を借景にし、池泉の水源を兼六園の徽軫灯籠付近の曲水から引いていることも加賀藩と脇田家の親交の深さを物語っている。園内には金沢最古の茶室「灑雪亭(さいせつてい)」があり、茶道体験を楽しむことができる。大人1名3000円(入園料含む) ※3日前までに要予約

  • 現在の色づき状況や紅葉イベントの開催情報は、事前に問い合わせ先までお尋ねのうえおでかけください。

  • 今日 21℃14℃
  • 明日 26℃13℃

天気情報提供元:株式会社ライフビジネスウェザー

※「行ってみたい」「行ってよかった」の投票は、24時間ごとに1票、最大20スポットまで可能です
※ 掲載内容は取材時点の情報です。掲載内容は状況により変更になる可能性があります。最新情報は、公式サイト等でご確認ください。
※ 新型コロナウイルス感染対策の実施については個人・事業者の判断が基本となります。
※ 表示料金は消費税10%の内税表示です。
※ 掲載されている画像は施設管理者、もしくは取材先から紅葉特集への掲載の許諾をいただき、提供されたものとなります。

同じ条件の紅葉名所を探す

紅葉名所一覧に戻る

西田家庭園 玉泉園の紅葉から行ける立ち寄り施設

西田家庭園 玉泉園の紅葉Q&A

西田家庭園 玉泉園の紅葉の見頃時期はいつからいつまで?

例年の見頃時期は10月下旬~11月下旬

西田家庭園 玉泉園の紅葉のその他の詳細情報を見る

西田家庭園 玉泉園の紅葉を見に行くアクセス方法は?

交通アクセス:【電車】JR金沢駅からタクシーまたはバスで約13分 【車】北陸自動車道金沢森本ICから約15分または北陸自動車道金沢東IC・金沢西ICから約20分

西田家庭園 玉泉園の紅葉の地図・アクセス情報を見る

西田家庭園 玉泉園の紅葉:駐車場はある?

あり。 「石川県兼六駐車場」普通自動車: 最初60分350円、以降30分毎150円、大型バス: 最初60分1980円、以降30分毎300円(夜間定額 20:00~8:00 2720円)

西田家庭園 玉泉園の紅葉の地図・アクセス情報を見る

西田家庭園 玉泉園の紅葉の見どころは?

玉泉園の名は加賀藩2代藩主前田利長の正室玉泉院に由来している。兼六園の樹木を借景にし、池泉の水源を兼六園の徽軫灯籠付近の曲水から引いていることも加賀藩と脇田家の親交の深さを物語っている。園内には金沢最古の茶室「灑雪亭(さいせつてい)」があり、茶道体験を楽しむことができる。大人1名3000円(入園料含む) ※3日前までに要予約

西田家庭園 玉泉園の紅葉のその他の詳細情報を見る

X(旧Twitter)でシェアFacebookでシェア

表記に関する説明

  • 青葉

  • 色づき始め

  • 今見頃

  • 色あせ始め

  • 落葉

こだわり条件から石川県の紅葉名所を探す

こだわり条件から北陸の紅葉名所を探す

おすすめ情報

閲覧履歴

  • 最近見た紅葉スポットページはありません。