乙和池の紅葉情報

日本最大級の高層湿原性浮島

乙和池の紅葉
池を取り囲む紅葉
画像提供:佐渡市世界遺産推進課
本ページ記載の内容は2018年のものです。順次更新しております。

池の中央に日本最大級の高層湿原性浮島がある神秘的な雰囲気に包まれた池。ブナ、ミズナラなどの自然林を主とする落葉広葉樹林が池と浮島を取り囲み、周辺全体で約200種もの植物が確認されている。昭和38年に新潟県の天然記念物に指定され、乙和池に行くルート上にある大佐渡スカイラインも佐渡が一望できる紅葉スポットとして有名だ。

※「行ってみたい」「行ってよかった」の投票は、24時間ごとに1票、最大20スポットまで可能です
  • 今日 25℃19℃
  • 明日 32℃20℃

乙和池の紅葉 情報

紅葉情報

スポット名 乙和池
例年の色づき始め 10月中旬
例年の紅葉見頃 10月下旬11月上旬
紅葉祭り ×
紅葉する木の種類 ミズナラ、ブナ、ハウチワカエデ、ヤマモミジ
その他・全体備考 期間は例年の見頃。気象条件により前後する場合あり

スポット情報

住所 新潟県佐渡市山田 MAP
アクセス 【車】両津港から約65分
駐車場 ○3台程度
お問い合わせ 0259-63-3195
HP 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※ 表示料金は消費税8%ないし10%の内税表示です。詳細につきましては、施設および店舗・主催者および運営者へお問い合わせをお願いします。
※ 紅葉の色づき状況は日々変わっていきますので、現在の色づき状況や紅葉イベントの開催情報は、問い合わせ先までお尋ねのうえおでかけください。

表記に関する説明

表記に関する説明