尾瀬(尾瀬ヶ原)の紅葉情報

草紅葉から木々へと移りゆく湿原の紅葉

尾瀬(尾瀬ヶ原)の紅葉
9月中旬ごろから草原が金色に色づく草紅葉を堪能できる
画像提供:片品村観光協会

周囲を2000m級の山々に囲まれた標高1400mの湿原、尾瀬ヶ原。この湿原の紅葉は草紅葉(くさもみじ)と呼ばれ、9月中旬から10月初めにかけて草原が金色に色づく。9月下旬から10月中旬までは、広葉樹が赤や黄色に色づき、緑の針葉樹との美しいコントラストを見せる。尾瀬一帯は原始林に囲まれた日本最大級の高層湿原で、800種の珍しい植物群の宝庫。特別記念物、特別保護地区に指定され、至仏山、燧ヶ岳の山岳美や、高層湿原に咲く高山植物など、多くの自然美が堪能できる。

見どころ

丸太でできた遊歩道から眺める辺り一面の草紅葉は、まるで絨毯が敷き詰められているかのように見える。

※「行ってみたい」「行ってよかった」の投票は、24時間ごとに1票、最大20スポットまで可能です
  • 今日 25℃15℃
  • 明日 19℃15℃

尾瀬(尾瀬ヶ原)の紅葉 情報

紅葉情報

スポット名 尾瀬(尾瀬ヶ原)
例年の色づき始め 草紅葉は9月中旬、広葉樹は9月下旬ごろ
例年の紅葉見頃 9月下旬10月上旬
紅葉祭り ×
紅葉する木の種類 ウルシ、ナナカマド、ブナ、ダケカンバなど

スポット情報

住所 群馬県利根郡片品村・福島県南会津郡檜枝岐村 尾瀬ヶ原 MAP
アクセス 【電車】JR沼田駅から大清水または、戸倉行き関越交通バスで約80分、戸倉停留所下車、鳩待峠行きマイクロバスへ乗り換え約30分、徒歩60分で山ノ鼻 【車】関越自動車道沼田ICから国道120号経由鎌田まで約40分、鎌田から国道401号経由戸倉まで約15分、これより先マイカー規制のため鳩待峠行きマイクロバスへ乗り換え、約30分で鳩待峠、徒歩60分で山ノ鼻。東北自動車道西那須野塩原ICから国道400号・121号・352号経由約2時間で福島県檜枝岐村御池(ミイケ)駐車場着、駐車場から徒歩3時間30分
駐車場 ○630台尾瀬第1駐車場および尾瀬第2駐車場 1000円/日、大清水駐車場 500円/日尾瀬第1駐車場280台、尾瀬第2駐車場250台、大清水駐車場100台
お問い合わせ 0278-58-3222 片品村観光協会
お問い合わせ2 0241-75-2432 尾瀬檜枝岐温泉観光案内所
HP 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※ 表示料金は消費税8%ないし10%の内税表示です。詳細につきましては、施設および店舗・主催者および運営者へお問い合わせをお願いします。
※ 紅葉の色づき状況は日々変わっていきますので、現在の色づき状況や紅葉イベントの開催情報は、問い合わせ先までお尋ねのうえおでかけください。

表記に関する説明

表記に関する説明

群馬県の紅葉名所を探す

関東の紅葉名所を探す

おすすめ情報