奈良公園

紅葉と常緑樹のコントラストが鮮やか

奈良公園の紅葉

古都・奈良の顔で、国の天然記念物にも指定されている、野生の鹿が生息していることでもおなじみの奈良公園。約502万平方メートルの広さで、東大寺、興福寺、 春日大社、国立博物館、正倉院など数々の社寺や文化施設が隣接する都市公園だ。若草山の山容を望み、桜やナンキンハゼの木々が美しい紅葉の表情を見せる。紅葉と常緑樹のコントラストが鮮やか。ナンキンハゼは10月下旬以降、モミジは11月中旬以降から12月初旬が最盛期となる。

  • 今日 くもりのち晴 5.9℃-
  • 明日 晴 9.1℃0.6℃

奈良公園 紅葉情報/アクセス

紅葉情報

スポット名 奈良公園
読み方 ナラコウエン
例年の色づき始め 10月下旬
例年の紅葉見頃 11月上旬~12月上旬
紅葉する木の種類 ナンキンハゼ、モミジ、イチョウ、サクラ

アクセス情報

住所 奈良県奈良市春日野町、雑司町、高畑町、登大路町MAP
交通アクセス 【電車】JR・近鉄奈良駅から市内循環バスに乗り大仏殿春日大社前下車徒歩約5分 【車】第二阪奈有料道路終点( 宝来ランプ) から約15分、名阪国道天理ICから約20分
駐車場 県営登大路駐車場(1日/1000円)、近隣に民間有料駐車場あり
お問合せ 0742-22-0375 奈良公園事務所
備考 周辺道路が混雑するため、公共交通機関の利用がおすすめ
HP 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※ 表示料金は消費税8%内税表示です。
※ 紅葉の色づき状況は日々変わっていきますので、現在の色づき状況や紅葉イベントの開催情報は、問い合わせ先までお尋ねのうえおでかけください。

奈良公園周辺の日帰り温泉・入浴プラン Powered by 旅の発見

表記に関する説明

表記に関する説明