まほろば古の里 歴史公園

山形県・東置賜郡高畠町

心にしみる里の紅葉に悠久の時を感じる

まほろば古の里 歴史公園の紅葉

まほろばとは「周囲が山々に囲まれた平地で、実り豊かな住みよい所」を意味する日本の古語。高畠は、縄文時代から人が暮らしたまほろばの里。当時の生活空間を再現した歴史公園には、三重の塔が美しい安久津八幡神社や考古資料館などがあり、悠久の時間を感じさせる風景が広がっている。特に周辺の山々が燃え立つような紅葉に彩られる秋の光景は格別だ。散策しながら、穏やかな里の豊かな実りの秋を実感できる。園内には、バーベキューや芋煮ができるあずま屋もある(要予約)。

  • 今日 くもりのち雪 1.1℃-
  • 明日 雪 2.6℃-0.6℃

まほろば古の里 歴史公園 紅葉情報/アクセス

紅葉情報

スポット名 まほろば古の里 歴史公園
読み方 マホロバイニシエノサト レキシコウエン
例年の色づき始め 10月上旬
例年の紅葉見頃 10月中旬~11月上旬
紅葉する木の種類 モミジ、ケヤキ、サクラ
おすすめスポット 園内全体

アクセス情報

住所 山形県東置賜郡高畠町大字安久津2072-1MAP
交通アクセス 【車】山形中央自動車道山形上山ICから約35分
駐車場 50台 無料
お問合せ 0238-57-3844 高畠町観光協会
※ 表示料金は消費税8%内税表示です。
※ 紅葉の色づき状況は日々変わっていきますので、現在の色づき状況や紅葉イベントの開催情報は、問い合わせ先までお尋ねのうえおでかけください。

表記に関する説明

表記に関する説明