阿讃山脈の山懐に抱かれた塩江温泉郷の紅葉が見ごろ

香川県高松市の塩江温泉郷の紅葉が、11月1日(金)から15日(金)頃に見ごろを迎える。

さまざまな色のコントラストが美しい

塩江温泉郷は奈良時代に発見され、弘法大師空海が湯治の地として伝えたという由緒正しき温泉エリア。普段は静かな山あいの温泉郷も、秋になると大勢の人でにぎわいを見せる。期間中の11月10日(日)には、「塩江紅葉まつり」も開催される。県下で唯一、ブナの自然林の紅葉を楽しむことができる大滝山も見逃せない。温泉と紅葉を両方楽しめるスポットだ。

【写真を見る】名物の大イチョウは必見だ

担当者は「見ごろ期間中に開催される『塩江紅葉まつり』のイベントスペースにはゲームコーナー、ワークショップ、特産品の販売などもあります。芸術の秋・食欲の秋など多彩な秋をお楽しみください」と祭りへの来場も呼びかける。

色づく秋は、赤、黄、緑が絶妙なバランスで美しい景観となる。紅葉とともに歴史ある温泉を楽しもう。

詳細情報

紅葉名所2019


全国約900カ所の紅葉情報を掲載。紅葉名所の色づき・見頃情報をお届け。



ウォーカープラス公式Twitterアカウント

情報は2019年10月17日時点のものです。おでかけの際はご注意ください。

おすすめ情報