樹齢400年の大銀杏が魅せる黄金色!福定の大銀杏が紅葉の見頃に

11月中旬から12月上旬にかけて、福定の大銀杏(和歌山県田辺市)の紅葉が見頃を迎える。

紅葉の時期には美しい黄金色に染まる境内

福定の大銀杏は福定の宝泉寺境内にある樹齢400年の銀杏の木。町指定天然記念物に指定されており、幹の周辺は約6メートル、高さは約22メートルとかなりの大木だ。紅葉シーズン中は、地元の有志が設置した電球でライトアップされ、昼間とは異なる姿を見せる。

樹齢400年、遠目から見てもわかる大銀杏

国道311号線から見える、町のシンボル的な大木は紅葉すると美しい黄金色に染まり、そびえ立つその姿は圧巻だ。紅葉のシーズンが来るとを熊野古道を歩く人々も増えてくる。四季の移ろいを感じながら、大銀杏を眺めてみたい。

詳細情報

情報は2018年11月時点のものです。おでかけの際はご注意ください。