2つの美しい庭園紅葉を満喫!南禅寺天授庵で楽しむ秋の絶景

南禅寺の塔頭の一つで、1339(暦応2)年に光厳天皇の勅許により、虎関師錬が南禅寺開山無関普門(大明国師)の塔所として建立した天授庵。

昼間は書院内への立入ができない代わりに、2つの庭を散策できる。歩きながら、枯山水と池泉庭園という京都らしい風景をめでよう

本堂はこけら葺き屋根の建物で、枯山水の本堂東庭と、池泉回遊式の書院南庭、2つの庭園がある。秋になるとこれらの庭園をカエデなどが鮮やかに彩り、絵画のような光景が広がる。

南北朝時代の特色を残す書院南庭が最大の見どころ。池周辺に茂る杉や、紅葉の背景には竹林も

11月10日(土)頃から中旬にかけて紅葉が見ごろを迎え、11月15日(木)から30日(金)までの期間は、ライトアップも実施(17時30分~20時45分、料金600円)。昼間は入ることのできない書院から見る庭園は、格別の美しさだ。

昼間は天授庵だけでなく、南禅寺の紅葉も美しい。楼上へも上がれる三門や、別名「虎の子渡し」の庭と呼ばれる名庭・方丈庭園(各500円)などがおすすめ

なお、本堂や書院がある天授庵の境内は小さめ。風情ある2つの庭園は、堂内に腰かけてじっくりとその美を感じたい。南禅寺の三門や水路閣などの名所を、昼の紅葉と共に巡るのもおすすめだ。

お出かけ前に混雑状況を確認!

【写真を見る】枯山水の庭園を包み込む鮮やかなモミジを本堂から観賞!

夜間拝観開始前は混雑するので、時間に余裕を持って到着するのがベター。昼は色とりどり、夜はあでやかと、時間帯によって異なる雰囲気を楽しめるので、ぜひ日没前に訪れて2つの秋景色を楽しもう。

■行く時期のベストは?:ライトアップがスタートしたころが、特に見事な紅葉を楽しめる。ピーク時の真っ赤なカエデや、紅葉の散り際と、何度も訪れてみるのもおもしろい。

■行く時間のベストは?:夜間拝観開始前には行列ができていて、50人ずつの入場制限が。日によっては拝観終了まで列が続くので、できるだけ拝観開始前の到着を!

■観賞の所要時間は?:立ち止まらずに回ると15分ほどで1周できる。天授庵の紅葉を存分に楽しむなら、やはり本堂と書院に座って庭園美を堪能したい。

■ベストなアクセスは?:最寄り駅の蹴上駅から行こう。京都駅から行く場合は市バス5系統で約30分、南禅寺・永観堂道から徒歩7分で行くこともできる。

詳細情報

■南禅寺天授庵
住所:京都府京都市左京区南禅寺福地町
時間:9:00~16:30
休み:なし ※11/11(日)午後~12(月)午前は拝観不可
料金:500円

情報は2018年10月時点のものです。おでかけの際はご注意ください。