この秋行きたい!軽井沢&東北の紅葉スポット3選

避暑地としてにぎわいを見せた夏に続き、秋には各地で美しい紅葉を楽しめる、軽井沢や東北の観光地。早い場所では10月上旬に見ごろを迎え、秋の訪れを知らせてくれる。

今回紹介するのは、長野・軽井沢、宮城、福島でおすすめの紅葉スポット。雄大な自然が色彩豊かに染まる絶景は、感動間違いなし!この秋、家族や友人、恋人と足を運んでみては?

軽井沢プリンスホテル(長野・軽井沢)/見ごろ:10月中旬~11月上旬

軽井沢プリンスホテルの敷地内にある、通称「もみじ山」

ホテル敷地内にはモミジ、ニシキギ、カラマツなどが群生しており、ウエストエリアには「もみじ山」といわれる紅葉スポットがある。敷地内を周遊しているピックアップバスで移動しながらの鑑賞もおすすめ。

温浴施設フォレストホットスプリングの露天風呂につかりながら紅葉を眺めたり、紅葉に彩られた景色が広がるゲレンデで、初滑りを楽しんだり。ここならではの体験ができるのも魅力だ。

【住所】長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢 時間:見学自由(ホテル利用者のみ) 休み:なし(メンテナンスクローズあり) 料金:無料(ホテル利用者のみ利用可)

鳴子峡(宮城・中山平温泉)/見ごろ:10月中旬~11月上旬

鳴子峡は展望台からの眺めだけでなく、渓谷にかかる大谷橋からの眺望も人気だ

大谷川の浸蝕によってできた深さ約100メートルの大峡谷。鳴子峡レストハウスを起点に約2.2キロメートルの紅葉が楽しめる。展望台から望む松の緑と紅葉の赤、黄のグラデーションも見事だ。

【住所】宮城県大崎市鳴子温泉星沼 時間:遊歩道9:00~16:00、レストハウス8:30~17:00 休み:冬期は閉鎖 料金:無料

磐梯吾妻スカイライン(福島・福島)/見ごろ:10月上旬~下旬

カーブを曲がるたびに美しい山並みや渓谷などさまざまな絶景が現れる磐梯吾妻スカイライン

日本の道100選にも選ばれた、最高標高1622メートルの吾妻連峰の山肌を縫うように走る山岳観光道路。特に、作家の井上靖が選んだ「吾妻八景」は紅葉の絶景ポイントとして有名だ。

【住所】福島県福島市土湯温泉町鷲倉 時間:見学自由 休み:なし(11月中旬~4月上旬は閉鎖) 料金:無料 

詳細情報

■『秋Walker首都圏版2018』


編:東京ウォーカー編集部
発売日:2018年8月8日(水)
定価:734円
発行:株式会社KADOKAWA





情報は2018年9月時点のものです。おでかけの際はご注意ください。