カニもあるよ!レンタサイクルで行く「舞鶴」の紅葉&海景色サイクリング

舞鶴漁港のある舞鶴は、京都を代表する海の町。この時期、海景色はもちろん、紅葉する城下町の雰囲気を感じられるレンタサイクルでの観光がおすすめ!また、舞鶴の冬に欠かせないのが「舞鶴かに(R)」。舞鶴漁港に水揚げされるこのブランドガニは、身も大きく舞鶴の冬の味覚として知られる。自転車で西日本最大級の海鮮市場に寄って、獲れたての舞鶴かにを味わおう!<※情報は関西ウォーカー(2017年10月24日発売号)より>

舞鶴の観光拠点でレンタサイクル

「まいづる観光ステーション」は、JR西舞鶴駅1階にある観光案内所。観光情報の発信はもちろん舞鶴みやげなども販売。レンタサイクルも行っており、ここで自転車を借りて街なかを移動するのがオススメ。「まちなか散策マップ」なども配付しているので、観光前に立ち寄って。

海軍ゆかりの地としても知られる舞鶴。大野辺緑地など海沿いを散策してみよう。

西舞鶴駅から「道の駅 舞鶴港とれとれセンター」までは、寺や神社、民家などが立ち並ぶ城下町の風情を感じられる寺町ルートがオススメ。

寺町ルートをサイクリング。

レンタサイクルは6台(予約可)。料金は500円/1日 ※短時間利用応相談、保証金1000円必要。返却時に返金。

■まいづる観光ステーション<住所:舞鶴市伊佐津213-8 JR西駅交流センター1F 電話:0773-75-8600 時間:9:30~18:3 0※レンタサイクルは9:30~17:00 休み:なし 駐車場:西舞鶴駅駐車場を利用(123台・100円/60分、以降50円/30分) 交通:JR西舞鶴駅構内>

巨大な海鮮市場の中で舞鶴のブランドガニを食べる

「道の駅 舞鶴港 とれとれセンター」は、日本海最大級の海鮮市場。約1600平米の市場内には4軒の鮮魚店があり、魚介を焼きや刺身に調理してくれて、その場で食べられる。11月6日(月)の解禁後の市場内はカニ一色に。舞鶴の冬の味覚を堪能して。

「魚たつ」など4軒の鮮魚店が集まる市場。お店の人と交渉すると割引などのサービスがあるかも!?(魚介の価格は時期や仕入れ状況で変動)

※写真は解禁前の撮影のため、カニの種類と金額は別のものになります。

「焼きガニ」(1皿1800円~)や「カニ刺し」(時価)が食べられる。冬は「ヒラマサ」(1000円)、「イカ」(1杯500円)なども旬。

市場内にある2か所のイートインスペース。各鮮魚店などで調理してもらった魚介はココで食べる。

■道の駅 舞鶴港 とれとれセンター<住所:舞鶴市字下福井905 電話:0773-75-6125 時間:9:00~18:00 ※店により異なる 休み:水曜(祝日の場合営業) 席数:イートインスペース約150席 タバコ:禁煙 駐車場:200台(無料) 交通:JR西舞鶴駅より徒歩30分>

田辺城の本丸跡を彩る桜&カエデなどの紅葉!

「舞鶴公園」は、細川幽斎・忠興親子が戦国時代に築いた田辺城跡に整備された公園。桜の名所として知られ、秋はこの桜やカエデなどが見事な紅葉を見せる。

心種園などで紅葉が楽しめる。

田辺城の歴史を紹介する無料の田辺城資料館もある。<時間:9:00~17:00 休み:月曜 ※祝日の場合翌日>

■紅葉DATA/見ごろ:11月中旬~下旬 本数:不明 種類:桜、カエデなど ライトアップ:なし

■舞鶴公園<住所:舞鶴市字南田辺地内 電話:0773-76-7211(田辺城資料館) 時間:入園自由 休み:なし 料金:入園無料 駐車場:なし 交通:JR西舞鶴駅より徒歩7分>

歴代の舞鶴藩主も愛した400年間続く紅葉景色!

「円隆寺」は、奈良時代に行基が創建したと伝わる古刹。御本尊の阿弥陀如来・薬師如来・釈迦如来の三尊像をはじめ、不動明王・毘沙門天立像などは重要文化財。

歴代の藩主がカエデを植えたとされる。多宝塔や本堂横がキレイ。

丹後地方最大の丈六仏(じょうりょくぶつ)を安置する本堂。

■紅葉DATA/見ごろ:11月中旬~下旬 本数:不明 種類:カエデなど ライトアップ:なし

■円隆寺<住所:舞鶴市引土72 電話:0773-75-1193 時間:境内自由 休み:なし 料金:拝観無料 駐車場:約50台(無料) 交通:JR西舞鶴駅より徒歩10分>

城跡に広がる境内へ上る石段参道横の紅葉をめでる!

「見樹寺」は、田辺藩主の菩提寺として開かれたと伝わる。愛宕山北支城の跡地に創建され、ウマに乗ったまま上れる石段参道は、かつての支城を想像させる。

石段参道横に広がる木が紅葉し、参道を紅葉のトンネルのように彩る。

愛宕山北支城のおもかげを残す幅広の石段参道。

■見樹寺<住所:舞鶴市西96 電話:0773-75-0349 時間:境内自由 休み:なし 料金:拝観無料 駐車場:約10台(無料) 交通:JR西舞鶴駅より徒歩20分>

人気カニ宿もチェック!

「かにの宿 ふじつ温泉」は、新鮮な海の幸の会席料理と天然温泉が自慢の宿。冬は舞鶴かにや津居山、柴山の松葉ガニが味わえる宿泊プランが人気。カニ鍋からフルコースまでプランもさまざま。日帰り昼食プランもチェック。

活ガニを1匹丸ごと味わえるプラン。

【活かに一匹コース】舞鶴かにまたは津居山、柴山産などの1kgほどある松葉ガニを丸々1匹使用。脚はカニ刺しで胴体は鍋&甲羅焼きで食べる。シメはカニの旨味がたっぷりの鍋のダシで雑炊。<料金:1泊2食付き1人2万7000円~ ※2人1室利用の場合 期間:11月6日(月)~2018年3月20日(火) 温泉の入浴込みの日帰りプラン(1万8000円~)もあり>

全16室の客室は和室。Wi-Fi対応で浴衣などのサービスもあり。

■かにの宿 ふじつ温泉<住所:舞鶴市字上福井宮ヶ谷1611 電話:0773-75-5531 時間:チェックイン15:00~、チェックアウト~10:00 休み:なし 駐車場:50台(無料) 交通:JR西舞鶴駅より京都交通バス大江線約12分、ふじつ温泉からすぐ ※無料送迎バスあり(要問い合わせ)>

大阪から舞鶴へのアクセス

【車】阪神高速湊町から舞鶴西ICまで約100分・約119km。高速料金は4860円(ETC割引3710円)。舞鶴西ICより道の駅 舞鶴港とれとれセンターまでのアクセスは、府道27号線を経由し国道27号線を北へ、大手交差点を左折し国道175号線を西へ。約7km・約10分。

【電車】JR大阪駅よりJR西舞鶴駅までのアクセスは、JR京都線新快速米原または野洲行約30分、JR京都駅で特急まいづる東舞鶴行に乗り換え約90分。料金は片道3560円(特急料金込み)。【関西ウォーカー編集部】

情報は2017年11月時点のものです。おでかけの際はご注意ください。