広大な日本庭園をライトアップ、中津市の溪石園で「溪石園ライトアップ」開催中

大分県

大分県中津市の日本新三景、国名勝、日本遺産の3大タイトルに輝く耶馬渓にある日本庭園「溪石園(けいせきえん)」で「溪石園ライトアップ」が、11月23日(祝)までの17時~21時の間行われている。

ライトアップされた広大な溪石園はいつもと違う表情を見せる
ライトアップされた広大な溪石園はいつもと違う表情を見せる 写真は主催者提供


「溪石園」は1987年(昭和62年)、耶馬溪ダムの完成記念に造られた広さ2万平方メートルの日本庭園。数万個の石、ダムの水を利用して耶馬溪の渓流を再現している。100種3万1000本以上の樹木に池、岩、滝などが四季折々に、見事な調和を見せる公園を期間中にライトアップ。光と影が織り成す自然の美しさを、たっぷりと堪能できる。

【写真】紅葉で色づいた木々のライトアップはとても幻想的
【写真】紅葉で色づいた木々のライトアップはとても幻想的 写真は主催者提供


また、期間中には「ひさしもみじ」の紅葉が見頃を迎える。県道28号線の深耶馬溪への玄関口にあり、その名のごとく「ひさし」のように道路に張り出したもみじが100メートルほど続いている。こちらもライトアップを行っているので、幻想的で美しい夜の紅葉をしむことができる。

中津市の絶景を楽しめる「溪石園ライトアップ」に出かけて、耶馬渓の素晴らしい秋を堪能してこよう。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

情報は2020年11月18日 07:00時点のものです。おでかけの際はご注意ください。
TwitterでシェアFacebookでシェア

おすすめ情報

閲覧履歴

  • 最近見た紅葉スポットページはありません。