日向神峡

福岡県・八女市

奥八女に広がる紅葉風景

日向神峡の紅葉

日向神峡は矢部川上流の日向神ダムの湖畔にあり、太古の昔、天馬が蹴って出て来たという伝説が残る蹴洞岩(ケホギイワ)や、日本一大きいハート岩などに映える紅葉が見られる。また、10kmほど奥にある杣(ソマ)の里渓流公園周辺でも紅葉が美しく、福岡県で1番高い釈迦岳の紅葉が楽しめる。

  • 今日 くもりのち晴 8.3℃-
  • 明日 晴 11.8℃5.0℃

日向神峡 紅葉情報/アクセス

紅葉情報

スポット名 日向神峡
読み方 ヒュウガミキョウ
例年の色づき始め 10月下旬
例年の紅葉見頃 11月上旬~11月上旬
紅葉する木の種類 モミジ

アクセス情報

住所 福岡県八女市矢部村日向神MAP
交通アクセス 【電車】JR羽犬塚駅からバスで約90分、日向神ダム入口停留所下車徒歩20分 【車】九州自動車道八女ICから約60分
駐車場 無料
注意事項
お問合せ 0943-47-3111 八女市矢部支所 建設経済課
HP 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※ 表示料金は消費税8%内税表示です。
※ 紅葉の色づき状況は日々変わっていきますので、現在の色づき状況や紅葉イベントの開催情報は、問い合わせ先までお尋ねのうえおでかけください。

表記に関する説明

表記に関する説明