玉川峡

和歌山県・橋本市

川面に映った紅葉もまた美しい

玉川峡の紅葉
橋本市観光協会

世界遺産を有する高野三山の1つ、摩尼山から流れる丹生川の上流の渓谷。玉川四十八石と呼ばれる奇石怪石が点在しており、春は桜、夏は川遊び、秋には紅葉と四季折々の豊かな自然を満喫できる。例年、11月初旬から11月中旬にかけて、モミジやケヤキなどが色づき、川面に映る紅葉も楽しめる。

  • 今日 くもりのち晴 7.5℃-
  • 明日 晴時々くもり 10.0℃4.7℃

玉川峡 紅葉情報/アクセス

紅葉情報

スポット名 玉川峡
読み方 タマガワキョウ
例年の色づき始め 11月初旬
例年の紅葉見頃 11月上旬~11月中旬
紅葉する木の種類 モミジ、ケヤキ

アクセス情報

住所 和歌山県橋本市北宿MAP
交通アクセス 【電車】JR・南海高野線橋本駅から車約30分、【車】阪和道美原北ICから約2時間、京奈和道橋本ICから約30分
駐車場 なし
注意事項
お問合せ 0736-33-3552 はしもと広域観光案内所(水曜定休)
※ 表示料金は消費税8%内税表示です。
※ 紅葉の色づき状況は日々変わっていきますので、現在の色づき状況や紅葉イベントの開催情報は、問い合わせ先までお尋ねのうえおでかけください。

表記に関する説明

表記に関する説明