本土寺

約1500本のモミジが境内を彩る

本土寺の紅葉
(C)本土寺

水戸光圀の寄進と伝えられる古松、老杉の参道を抜け仁王門をくぐると、鮮やかな赤に染まる約1500本ものモミジが境内を彩る。また、五重塔や仁王門、回廊といった建造物と紅葉が織りなす風情ある景観から、多くの参拝者が訪れる。木々の色づき始めは例年11月中旬頃からで、オオサカズキの他、徳川家康の側室・秋山夫人の墓近くにあることからその名がついた自生のシュウザンコウなどが観賞できる。

  • 今日 くもりのち晴 8.0℃-
  • 明日 晴 11.1℃0.5℃

本土寺 紅葉情報/アクセス

紅葉情報

スポット名 本土寺
読み方 ホンドジ
例年の色づき始め 11月中旬
例年の紅葉見頃 11月下旬~11月下旬
紅葉する木の種類 ヤマモミジ、オオサカズキ、シュウザンコウ、イチョウ

アクセス情報

住所 千葉県松戸市平賀63MAP
交通アクセス 【電車】JR北小金駅から徒歩10分
お問合せ 047-341-0405 本土寺(花、紅葉の問い合わせ用テレホンサービス 6月、11月のみ)
備考 開門時間 8:00~17:00(最終受付16:30)。参拝料 中学生以上500円。近隣に有料駐車場あり(台数に限りがあるため公共交通機関の利用を推奨)
HP 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※ 表示料金は消費税8%内税表示です。
※ 紅葉の色づき状況は日々変わっていきますので、現在の色づき状況や紅葉イベントの開催情報は、問い合わせ先までお尋ねのうえおでかけください。

表記に関する説明

表記に関する説明