秋保大滝

宮城県・仙台市太白区

豪快な瀑布と紅葉の風景が美しい

秋保大滝の紅葉

山形県山寺の奥の院といわれる「秋保大滝不動尊」の裏手にある秋保大滝。幅6m、高さ55mの滝の姿は豪快で、県内屈指の名瀑として知られている。滝の周囲はモミジやカエデ、ナラなどの樹木に覆われて、岩場と絶妙なコントラストを描き、紅葉時期の錦秋はことのほか鮮やかに。階段が整備されているので、滝壺まで行って、迫力満点の滝の水飛沫を間近で見ることができる。ただし滑りやすいので、歩きやすい運動靴で行くのがよい。

  • 今日 晴時々くもり 4.0℃-
  • 明日 晴時々くもり 6.5℃1.6℃

秋保大滝 紅葉情報/アクセス

紅葉情報

スポット名 秋保大滝
読み方 アキウオオタキ
例年の色づき始め 10月中旬
例年の紅葉見頃 10月下旬~11月上旬
紅葉する木の種類 イチョウ、モミジ、カエデ、シラキ、ウリハダカエデ、ナラ、ヤマザクラ
おすすめスポット 滝見台

アクセス情報

住所 宮城県仙台市太白区秋保町馬場字大滝MAP
交通アクセス 【電車】JR愛子駅からバスに乗り、秋保大滝停留所下車、徒歩5分 【車】東北自動車道仙台宮城ICから約45分
駐車場 150台 無料
注意事項
お問合せ 022-398-2323 秋保温泉郷観光案内所
※ 表示料金は消費税8%内税表示です。
※ 紅葉の色づき状況は日々変わっていきますので、現在の色づき状況や紅葉イベントの開催情報は、問い合わせ先までお尋ねのうえおでかけください。

表記に関する説明

表記に関する説明