中尊寺

岩手県・西磐井郡平泉町

世界遺産にも登録されている名所

中尊寺の紅葉

奥州藤原氏4代の廟所、金色堂で有名な古刹。850(嘉祥3)年に慈覚大師によって開かれ、12世紀初めに藤原初代清衡が戦死者への供養と悠久の平和を願って再興した世界遺産にも登録されている由緒ある名所だ。10月下旬から11月上旬にかけてヤマモミジやイロハモミジが鮮やかに色づく。

  • 今日 くもり時々雪 -0.9℃-
  • 明日 くもり時々雪 1.6℃-2.2℃

中尊寺 紅葉情報/アクセス

紅葉情報

スポット名 中尊寺
読み方 チュウソンジ
例年の色づき始め 10月中旬
例年の紅葉見頃 10月下旬~11月上旬
紅葉祭り 秋の藤原まつり 毎年11月1日~3日[問合せ先:(一社)平泉観光協会0191-46-2110]
紅葉する木の種類 ヤマモミジ、イロハモミジ
おすすめスポット 金色堂周辺、経蔵周辺、本堂周辺

アクセス情報

住所 岩手県西磐井郡平泉町平泉字衣関202MAP
交通アクセス 【電車】JR平泉駅から車で約5分、JR一ノ関駅から車で約30分 【車】東北自動車道平泉前沢ICから国道4号経由約5分、一関ICから国道4号経由約20分
駐車場 有料(平泉町営駐車場)
お問合せ 0191-46-2211 中尊寺事務局
0191-46-2110 平泉観光協会
0191-46-5572 平泉町 観光商工課
HP 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※ 表示料金は消費税8%内税表示です。
※ 紅葉の色づき状況は日々変わっていきますので、現在の色づき状況や紅葉イベントの開催情報は、問い合わせ先までお尋ねのうえおでかけください。

表記に関する説明

表記に関する説明